新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エネルギー関係の売上規模が900億円弱、しかも、それ単独で黒字というのがすごい。

タラレバは禁物だが、これで半導体不足がなかったら、もっとすばらしい業績になっている。

Teslaは、エネルギー企業であることが実感できる記事。

(以下、記事中からの引用)
テスラは米国時間7月26日、太陽光発電、家庭・企業向け蓄電装置Powerwall(パワーウォール)、大規模蓄電装置Megapack(メガパック)の3つの主要製品を含む、発電・蓄電事業から8億100万ドル(約882億6000万円)の売上を発表したが、これは120億ドル(約1兆3200億円)近くある総売上のほんの一部に過ぎない。小さいながらも、この部門は蓄電や太陽光発電の販売を強化している。この部門の売上は前四半期比で62%増え、2020年の同四半期比では116%以上の伸びを示している。テスラは太陽光発電とエネルギー貯蔵の売上を分けていない。

さらに重要なことは、太陽電池・エネルギー貯蔵事業の売上原価が7億8100万ドル(約860億5000万円)であったことだ。すなわちエネルギー貯蔵関連製品の生産・販売にかかる総コストが、初めて売上額を下回ったことを意味する。これは良いニュースだ。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
83.3 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン