新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京は1997年からずっと転入超過が続いてきたので、今年の5月、6月が転出超過になったというのは確かにニュースです。

しかし、コロナの影響で2020年の3月から東京の転入超過は既に激減していたのて、今回の結果はその延長線上で考えればいいでしょう。
昨年3月から転入超過が大きく減少した理由は、入学、入社の時期に集中する若者の転入が大きく減ったことと、子育て世帯の近隣県への転出が増えたからです。

コロナが収まれば、再び転入超過に戻るとは思いますが、リモート勤務の浸透などにより、転入超過は以前より低いレベルになるのではないでしょうか。
また、子育て世帯の転出は中期的に見れば人口のマイナス要因にもなります。
また共同通信はいい加減なことを。コロナで東京が減っているとどうしても印象づけたいのだな。日本全国の中で人口が転入超過になっているのは東京含む一都三県だけ。東京圏集中は変わっていない。東京は20代に限れば3451人転入超過。出て言ってるのは30代子育て世代のみ。しかも出て行っている先は埼玉・千葉・神奈川。
グラフ化しました↓
https://twitter.com/wildriverpeace/status/1419995689694633998
誤差にしか見えないが、東京から減少した事実はあるとして、定住圏で捉えた時に実は隣の県に移動しただけというオチでは。
総務省の6月の人口移動報告によると、東京都からの転出者は転入者を583人上回り、2カ月連続で人口流出を示す「転出超過」となったとのこと。
コロナが落ち着けば転入超過に戻ると思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン