新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
韓国と北朝鮮は現在のタイミングをとらえて4月以降、南北交流を再開するための準備をしてきた。南北間で緊密な意思疎通が行われていることがわかる。なぜなら(1)文在寅大統領と金正恩総書記が4月以降、何度も親書のやりとりをしてきた。(2)南北の板門店連絡チャンネルと軍当局間の通信線の2つの通信線が同時に復旧している。(3)「通信線復旧が南北関係の改善と発展に肯定的に作用する」ことについて南北が同内容を発表している。
南北双方に対話再開のメリットがあることがわかる。文在寅政権は(1)文在寅政権下で南北対話を再開して革新与党の南北対話推進路線が間違っていないことを明らかにしたい。そうすると来年3月の大統領選挙で与党系候補者は有利になる。(2)日本は日朝首脳会談実現を模索してきた。南北交流を再開して、日本に先を越されることは避けたい。もっとも北朝鮮側が日朝対話再開には消極的だが。(3)バイデン政権は政権発足以降、一貫して米朝対話を模索してきた。文在寅政権は米朝対話が先行することは避けたい。それにバイデン政権は韓国の南北対話再開にお墨付きを与えているので文在寅政権に対話再開の死角はない。
金正恩体制にも南北対話を再開するメリットがある。(1)文在寅政権の南北対話路線に助け船を出す。それは韓国大統領選挙で「南北対話後回し」を主張する保守野党系候補者が当選することを阻止することにつながる。(2)食糧不足と新型コロナウイルス対策の必要から韓国の食糧、医療支援の再開のきっかけをつかみたい。(3)南北対話を具体的に進めることで、バイデン政権と文在寅政権に北朝鮮との対話競争をさせて、バイデン政権の対北朝鮮・対話再開条件を緩和させることががてきるかもしれない。
文在寅政権と金正恩体制はすでに27日からホットラインを通じて具体的な話を開始しているだろう。
人気 Picker
1年1ヶ月ぶりの通信線復旧ですが、韓国の報道によると、文在寅大統領と北朝鮮の金正恩総書記が複数回親書のやりとりを行い、南北関係を改善する一歩としてまずは通信線の復旧を合意したそうです。

文大統領からすればあと1年も残っていない任期中に北朝鮮との関係をどうにか回復したいと思っているはずですが、特に米朝首脳会談を成り立たせることを視野に入れているのではないかと思います。
文在寅大統領の悲願の南北協調、平和共存路線、任期の最後に何とか実現する可能性をつなげたが、ここから立て直していくとしても金正恩の協力は不可欠。どうやって金正恩をその気にさせるかが勝負どころ。
結局、利害関係が一致すると、一定期間は関係改善が進みます。
朝鮮半島の南北関係は、その繰り返しです。

今回唯一違うとしたら、北朝鮮の深刻なコロナ禍です。
北朝鮮の食糧や医療品不足は相当悲惨な状況でしょうから、背に腹はかえられぬ状況は、かなり深刻なのだと推測します。

けれども、バイデン大統領は、北朝鮮にはかなり冷淡だと思いますので、これ以上の進展は期待出来ないかと。
南北ほぼ同時に発表しているようです「北朝鮮の朝鮮中央通信も通信線復旧を発表した」
韓国大統領府のリリースはこちら。
https://www1.president.go.kr/articles/10785
Premiumを無料で体験
登録・ログイン