新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マスクに始まり、半導体不足による自動車減産と絶望的に入手できないゲーム機、そしてワクチン供給も間に合わない...
「モノ余り」の時代を迎えたはずが、2020年以降、むしろ一部の分野では「モノ不足」が散見されるようになりました。

そして本日は、近年話題となっているドライアイスひっ迫問題の根底にある「CO2の供給源不足」の問題に焦点をあてます。

ある生物種が絶滅、または個体数が大きく減ると、全体のバランスが崩れ、生態系全体のシステムが崩れかねないのと同様です。
インダストリーの世界でも、ある製品の生産が減ると、サプライチェーンのシステム全体のどこかで、何かしらの「副作用」が生まれます。

世界は今、低炭素社会、カーボンニュートラル、ESG投資など、CO2排出削減に向けてまい進しています。
そんな中、ともすると死角、またはアキレス腱にもなりかねないのがCO2供給源の不足問題。
NP読者の皆さまからも、この課題について知見をいただけたら幸いです。
脱炭素社会で、CO2を製造するのはいかがなものか。と、感じる人はいるとは思います。このレポートにあるように、CO2が役立っている領域もある。脱炭素社会や低炭素社会という言葉は、カーボンニュートラルとは違う意味合いにとられがち。カーボンニュートラルを標準語にした方がよさそうです。

地球温暖化の悪者はCO2だけではないはず。もっと広い視点で悪者を探し、その対応策を取るべきではないでしょうか。

炭酸抜きのビールでは暑い夏は乗り切れません。
定期的に出てくる副生物問題。ドライアイスもそうだし、合成ゴムに使われるブタジエンもそう。
あくまで副生物なので、主成分で大きな変化がある場合はインパクトがあってもしょうがないとされ、コストが高くても代替製法があれば、社会全体としてはそっちにいくこともある。でもその財だけでみると、いきなりコストが高くなったりする。また代替製法の有無が重要で、ない場合はその開発を加速させないと厳しい。

ドライアイスや副生物については下記などでコメントしてきたので、併せて。
特に化学コンビナートやケミカルチェーンという言葉があるように、化学素材はここの流れが重要。全EV化進んだとして、ガソリンやディーゼルとかがなくなったとして、プラスチックどうするのというのもある。さらに合成させて、燃料ではなく素材として使う比率を上げるとか多少の工夫はあるが、それでもエネルギーも素材も規模がすさまじい産業なわけで、そんなシンプルな話ではない。
https://newspicks.com/news/2399457
https://newspicks.com/news/5643971
まさに盲点。表があれば裏がある。表裏一体、二項対立を、イノベーションやサイエンスの力などでどう解決していくか。目からウロコの記事でした。
以下の記事も参考になると思います。

「炭酸水」が品薄に?製油所閉鎖の意外な影響
https://m.newspicks.com/news/5149951

出光最初の製油所である徳山の2014年の停止も有名です。

出光、徳山製油所の稼働停止 精製能力19%削減
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0105R_R01C11A1000000

余談ですが、ドライアイスを使って炭酸水を作れますね。
ドライアイスの脱却はできるはずなんですよね。実際ワクチン接種の豊田市モデルでは循環使用可能な保冷剤が使われています。温度も-120℃と十分に低温です。にもかかわらずそれらはそれほど注目を浴びず、未だにみんながドライアイスを使い続けているのは何故でしょうか。
温暖化対策としてのCO2抑制は、CO2を原料とする炭酸やドライアイス不足という形で影響しているとのこと。お恥ずかしながらこの問題は把握していませんでした。
.
重要度から言えばやはりCO2抑制が優先だと思いますが、炭酸やドライアイスの不足は料飲系のサービスにかなり影響がありそう。ドライアイスだと婚礼などの演出にも影響がありそうですね。
.
環境とコストにも優しい代替物が出てくると良いのですが、それも難しい可能性を考慮すると、今のうちから炭酸やドライアイスが不要なものを考えておく必要がありそうです。
.
具体的には生ビールも該当だそうで、炭酸ボンベで「炭酸」が供給されています。かなりの種類のガス入り飲料が該当しますね。
一方でシャンパンなどの「製造過程で自然と二酸化炭素が含まれる」ものもあります。
.
ひとつの事象は様々に影響することを再確認させられました。
脱炭素社会を目指すうえでの弊害、課題というのも、しっかり認識する必要がありますよね。

昨日夜のNHK時論公論でも、政府が発表したエネルギー基本計画の改定案では脱炭素社会の実現が険しい道になるとの解説がありました。

日本のCO2排出の4割は電力部門で、電力のうち75%が火力発電を占めているため、脱炭素社会に向けては非火力発電が重要です。しかし、脱炭素電源である原子力発電の割合は増やせません。

つまり、再生可能エネルギーを主力電源として脱炭素電源を6割に持っていくという目標になるため、実現に向けた道は険しくなるという文脈でした。

脱炭素については国際的にコミットした数字があるものの、本来の目標を見失わずに、さまざまな産業への影響を考えながら進めていきたいものですね。
全然知らなかった。まず輸入で多くの部分を補っていること、また炭酸飲料などについても必要であることなど知らないことがまだまだ沢山あるなぁという印象です。。
ビールはこれを気に、天然の発泡に切り替えたら良いのでは。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン