新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その新型エンジンでロケットが打ち上がったように読めますが、実験は分離されるペイロードで行われました。
「衝撃波を利用する開発中の新しいエンジン」とはデトネーションエンジンのことです。名古屋大学の笠原先生が良い研究をされています。
https://jaxa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=20806&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1
実用化に向けた取り組みもあって,例えば,以下のニュースにあったPDエアロスペースという会社
「宇宙船開発「PDエアロ」に吉本興業HDや豊田通商が3・9億円出資

https://newspicks.com/news/5956405?ref=user_2112738
「「有人宇宙飛行機」に賭けた情熱人生、機体とエンジン開発が佳境に」
https://newspicks.com/news/4315777?ref=user_2112738
のPDとは「パルスデトネーション」のことで,本記事のデトネーションエンジン(正確には回転デトネーションエンジンで方式が少し違う)をジェットエンジンのように空気吸い込み式エンジンとしても作動させて宇宙往還機に応用することを研究開発しています.
衝撃波を使った推進は画期的。果たしてこれがどの程度実用化につながるのかはわからないが、実現すればコストダウンにつながる有益な技術となるだろう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン