新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonほどの事業体であれば、そんな変動リスクをわざわざ被る必要はないと思います。受け入れると言うことは同時にカバー取引が必要になるわけですが、それをやる理由とメリットが良く分からないのが実情かと思います。
「これを受けて、ビットコインは一時、14.5%上昇した。その後は押し戻され、直近では6%高の3万7684.04ドル。」・・・ 検討しているとの報道が事実無根だとすると、誰がそうした“風説”を流布したものか。そうした行為が強く取り締まられないなら、ビットコインの投機性はまだまだ高そうですね (・・;
Amazonほどの売上規模、利益率、ユーザーのリピート率を考えると、最終的に現金等化物に円滑に循環する決済手段でないと受け入れられないでしょう。

また、規模が規模だけに、Amazonがビットコインの売り圧力になる可能性が大。
法的にインサイダーにならなくても、イーロンマスクのようなお気楽な行動は取れません。

この意味では、ビットコインは通貨にはほど遠いですね。
Amazonの報道によりビットコインの価格が急上昇したのち、本日は急落していますね。
8時を過ぎた現在、ビットコインの価格は7.6%ほど下落し、37,340ドル台で推移しています。
最近の仮想通貨はなんでもありというか、狂気ですよね…確かな情報で判断したのか、それともテクニカル的な判断なのか、法定通貨レベルにボラティリティが落ち着かないと通貨としての使いみちはほとんどないんだが…
あんなに価格がアップダウンするものを決済手段として使える訳がありません。

本気にしていた人たちがいたのでしょうか?
P2P系の新サービス用なのか、もしくは手数料削減のためなのかetc気になります。
エルサルバドルのAmazon市場の話かと思いました。

でも、次第に影響をうける波の大小も低くなった時、通貨としての選択肢としてのし上がるのでしょうか。

全くポートフォリオには入ってきませんが。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
191 兆円

業績