新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
SARは電波を発しないといけないため大きな電力を必要とし、衛星の小型化が難しかったのですが、近年、技術が進み、また機能や能力を絞ることで小型化が進みつつあります。コンステレーションならば、一つの衛星から送信し、別の衛星で受信するという方法もあります。活用が進むでしょう。データ処理、データから何が分かるかも研究として盛んです。
人気 Picker
合成開口レーダー(SAR)衛星のコンステレーションは撮像頻度が高まるだけでなく、地形の動きなどの変化も捉えられるため、地滑りや土石流の監視などにも有効。この分野ではフィンランドのICEYEとアメリカのカペラが有力。日本にも二社あるのだが、まだコンステレーションを作れるほどの衛星の機数を打ち上げてはいない。
まあとにかくロケット打ち上げ頻度を上げていかないと絵に描いた餅になるからね