新着Pick

三菱UFJ、200億円規模の新ファンド設立…環境ベンチャーなど投資

読売新聞
三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は26日、環境対策関連などのベンチャー(新興)企業を対象にした200億円規模のファンドを設立した。新たな収益源の開拓を狙う。近く公表する。 再生可能エネルギーなどの技術に強みを
61Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
環境、ESG、SDGsといった分野は益々投資対象となるだろうから注目していきたいと思います
人気 Picker
2000年以前から環境問題は言われてきた。

ただ、環境技術関連は、やはりエネルギー業界単独で何かを変えることは難しいだろう

ここまで文明化してきた現代では、社会構造に組み込まれないと、技術の普及、産業構造の変化、そしてエネルギー構造の転換までを興せないと、大きな産業にはならない。

ただ、現在、脱炭素の流れは、こうしたものがすべてそろい始めている。期待しつつ注視していきたい。
新しいファンドは、再生可能エネルギーなどの技術に強みを持つベンチャーを投資し、投資期間は10年。国内だけでなく、米国やアジアなどのベンチャーも対象とするそうです。
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.72 兆円

業績