新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ラベルレス商品、増えてきましたね。そして良いことですね。
それにしてもすごいなと思ったのは、ラベルレスにしても、この見た目はオロナミンCであること。
このサイズ、この色の瓶、この外見がオロナミンCとして、ブランディングされています。
自販機で買う時には表示だけラベルありにして、実際にガチャンと出てくるのは、ラベルレス商品でいいですよね。
コンビニの陳列も最前列だけ見本として、ラベルあり商品で、2番目以降が全部ラベルレス商品になったらいいな。
人気 Picker
リサイクルしやすく、環境配慮のブランドイメージが向上出来る上に、製造コストまで下げることが出来るこのラベルレスという手法は、大規模な広告プロモーションと無形資産を確立した企業とブランドのみに可能な販売手法。

何故なら、広告プロモーション費を使うことが出来ない商品にとって、パッケージは消費者との数少ない接点になるため、絶対に欠かすことが出来ないものというマーケティングにおける基本的なパーツだから。

その点を理解した上で、ラベルレスは、大企業の環境取組みの一つという認識で見ていくことが平等な競争社会には大切なのではないだろうか。
瓶の形と色だけで、遠目にもたぶんオロナミンCだろうと認識できるのはさすがですが、これ、みんなが一斉にラベルレスにしたら製品の識別力がものすごい下がりますね。
どこかがそのうち妙案を出してくれるものと思いますが。
ペットボトルもさー
大塚ホールディングス株式会社(おおつかホールディングス、Otsuka Holdings Co.,Ltd.)は、大塚製薬をはじめとする「大塚グループ」の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.76 兆円

業績