新着Pick
545Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まず、「ワクチンパスポート」といっても、
① 外国へ入国する際に隔離が免除されたりするワクチン接種済み証明
② 国内で飲食店や映画館、交通機関を利用する許可証としての接種済み証明
は分けて考える必要があります。
 ①は、国家間の協定によって有効になります。
 ②は、日本政府がそのような法律をつくるか、企業が導入することで機能します。
 ①は、EU加盟国間では協定が成り立ちつつありますが、世界的な基準をつくることはむずかしいでしょう。世界的な共通基準をつくろうとすると、中国などがシノバックやシノファームでも接種済みと認めるように求めるでしょうし、ロシアもスプートニク・ワクチンを接種済みに含めるように求めるでしょう。
 日本が当面できそうなのは、EU、シンガポール、米国、カナダあたりと入国に際して利用できるワクチンパスポートの基準を共有することでしょう。ワクチンパスポートのブロック化が起きるでしょう。
 ②の国内の飲食店や交通機関利用の条件としてワクチンパスポートを設定することは、日本では法制化は難しいでしょう。フランスは法制化して義務化しましたが、かなり強い反発が起きました。フランスは、公共のためという目的であれば、強権的なことができる国です。イスラエルは②の種類のワクチンパスポートを最も早く実施できた国です。シンガポールもやるでしょう。おそらく、感染を抑えて経済活動を動かすためには、ワクチンの接種を進めてワクチンパスポートが無いと行動が制限される社会になるのが合理的なのでしょう。
人気 Picker
一部コメントさせていただきました。

なお、ニューヨークではエクセルシオールパスという形で、国内向けに接種証明書が用いられるようになったものの、ワクチン接種が一定数進んだ後に使用が広がらなくなりました。同様に、日本でもその使用は一時的なものになるかもしれません。

とにかく大切なことは、一度始めてもプランAに固執しないことです。未来が十分には予測できない中、新たなエビデンスの構築とともに、プラン変更を柔軟にできるかがポイントです。

詳細はこちらの記事のコメントをご覧ください。
https://newspicks.com/news/6044392/
日本よりも早期にワクチン接種を始めた欧米諸国でも、ワクチン接種率が半分に満たない国が多くあります。

それを考えると、ワクチンパスポートなどによってワクチン接種を促していく必要性が、日本でも出てくるかもしれません。
ワクチンパスポートについて、同僚の藤田卓仙先生が最後の方でコメントしています。

変異株や入境条件の更新(待機期間や連絡先共有といった措置を含む)など「今後の情勢の変化に柔軟に対応するという意味でも、ワクチンパスポートをデジタル化し、バーコードさえ読み取れば自動的に判断できる、というような状態にしておく必要があります」

さらに、各国・地域でこういったワクチンパスポートが立ち上がるなか、相互運用性の確保や、差別や格差を助長しない「トラスト」の担保も今後の課題になります。

世界経済フォーラムでは、グローバルな相互運用性の確保とガバナンスの向上を目指して、官民連携でコモントラストネットワークというイニシアチブを推進しています。

その一環で、羽田空港さんで実証実験のお手伝いもしました。政府間協力、国際標準化、専門家による事前チェックと助言、ワクチンパスポートを利用できない/したくない方たちにも配慮した手当て、自己点検ポイントや第三者機関による監査の仕組みづくりなどを推進しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210315/k10012915091000.html
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/081700609/
一歩引いて見たときに、「コロナだけで終わるのか」という論点が今後出てくるように思います。

 Q.16 パスポートは今後コロナ以外でも社会で使われ始めることにならないのか

をぜひ入れたいですね。


仮にコロナが収まると、「インフルエンザにも適用しよう」とか、海外では驚異の認識が強い麻疹はどうなるなど、個別ケースが色々出てきます。

要は特定の(予防)医療行為に対する記録、それによる社会的サービスの区別・優先提供という自体が引き起こされる可能性。
その最初の事例を作ることになります。


コロナは無料で誰でも受けれますが、それ以外のものはまだ違います。
医療における貧富の差が実生活に影響を及ぼします。

本来、機密性の高かった医療記録を社会的に開示する流れを作るモメンタムとも呼べる、それがワクチンパスポートに潜在的に潜む社会リスクです。


ヨーロッパはいわゆる基本的人権に敏感であるが故に、こういう議論まで踏み込んで行なっています。
一方で、日本の導入時の論点として上記が真剣に語られているケースはほとんど見ません。


「パスポート」という名称にカモフラージュされていますが、要は「医療レコードによる人の選別」という側面、そしてコロナとその先への応用の可能性、という視点は持った上で皆がもっと考えた方が良いと思います。
「WHO(世界保健機関)などでデジタル化の規格について話し合われているが、日本政府はその動向を見ながら検討していくという。」とあります。

用途も海外渡航だけでなく、国内での活用も模索されているので、取り回しがしやすいように、最初からスマホアプリ化して欲しかったところです。

デジタル化を国の高優先順位に上げているのだから、なおさらだと思いました。
ワクチンパスポートがペーパーベース、ということに驚きました。なぜデジタルをベースにしなかったのか。日本は政府としてDX推進を掲げていますが、まだまだデジタル後進国なのですね。
もう1年以上議論されてきて、日本でもようやく実用化され一歩前進。しかし今のところ目的はイタリアやトルコなど5か国に旅行する際の14日間隔離など免除。これらの国に訪問予定がなく役所に申請しても、ただでさえワクチン接種業務に追われている役所の仕事を増やすだけ。本当に利便性を実感できるよう社会実装するためには欧州やウィンブルドンで導入されたように、1)ワクチン二回接種+2週間経過の証明(いわゆるワクチンパスポート)、2)2,3日以内に受けた検査の陰性証明、3)すでに感染して回復したことの証明の3つを組み合わせた「コロナ非感染証明」の実用化が不可欠。

ワクチンパスポートは接種証明でしかなく、パスポートではありません。前例は黄熱病のイエローカード。黄熱病ワクチンを打つともらえる紙のカード。中南米やアフリカの国々では、入国時にパスポートやビザ(査証)とともに提出が求められる。つまり現時点でも紙でやっている。デジタルはない。普通のパスポートも紙の冊子ですよね。そもそも空港や航空会社のシステムはテロ対策やサイバーセキュリティ対策のため、システム連携には細心の注意が必要。紙よりデジタルの方が多少は便利だろうけど、IATA Travel passやCommonPassの実証実験でも、出発時に画面をカウンターで見せて、目視でチェックさせている。シンガポールとか例外はあるがQRコードは今のところあんまり意味がない。

まずは、紙かデジタルかにこだわらず「コロナ非感染証明」の実用化によるメリットやインパクトを明確にすべき。国際的な人の往来より、高齢者施設や病院でおじいちゃん、おばあちゃんに会える、地方に堂々と帰省できる、飲食店で堂々と酒が飲めるとか、そういうのを明確にしないと、いつまで経っても技術的な検討から先に進まないと思います。

なお差別の話がありますが、実際に何が問題になるのか、誰もよくわかってません。本人確認で、運転免許証がないから差別されますか?代替手段ありますよね。コロナも同じで、ワクチン接種証明の話ばかりするからワクチン打った、打たない、打ちたくないの議論で止まっている。検査陰性や感染回復とセットで議論しないといけない。「コロナ非感染証明」の社会実装、そのためのロードマップが必要です。
早速申請していますー証明書がいつくるかわかりませんがー、世界標準を視野に入れたデジタル化は不可欠だと思います。なるべく早い機会にその形にしていかないと結局使えないということになる可能性もあるのではと思います。
ワクチンパスポート。海外試合の隔離感が短くなる可能性があると聞いて早めに接種。2回目の摂取も終わって2回摂取済。入国に関しても必要になるだろうし、団体で義務にする可能性もある。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。