新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uberは自社の物流のテクノロジーをB向けの分野でも活用しており、既に売上はかなり出ているんですね。

「ウーバーは今年5月に、ウーバー・フレイトの2021年第1四半期の売上高が51%増の3億100万ドルに急増したと報告しており、物流は同社にとってデリバリーや配車サービスに次ぐ第3の収入源となっている。」
Uber、最近物流系はニュースフローが少なく、縮小傾向かと思っていたので少し意外感。
Transplace、HPをみると、「Managed Transportation」と「Logistics Solutions Platform」といった言葉がある。荷主を向いたサービスのように思い、そこでManaged=代わりにやる(3PLほどまでではないと思うが)、もしくは顧客が自社でやる場合のSaaSなどの提供に見える。
Uber Freightは、根源的には荷主と運送企業のマッチング。なので今回の買収で、荷主を増やしたり、荷主が運送企業によりつなぎやすいサービスにすることでプラットフォームを強化し、そうすると運送企業にとってもマーケットプレイスとしてより強くなるという循環を狙っているように思う。
https://www.transplace.com/logistics-solutions/