新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういうことで個人が自由と権利の面で不利益を被らないよう、欧州GDPRでは自動的意思決定(人が介在しない意思決定)のための個人データの処理に、データ主体(個人)の同意が必要となります。同意を得るためには、収集・処理される個人データが「雇用継続、解雇の決定のため」を目的としていることをせつめいしなければなりません。そのような手続きを怠った場合、解雇の正当性とは別に、個人データ処理の適法性について、訴訟などのリーガルリスクを負う可能性があります。