新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
無印良品ができた頃、「ノンブランドで質が良く価格も安い」だった訴求ポイントが、無印がブランド化していく中で、方向性を見失いかけていたのかもしれない。
堂前さんはそれを立て直す覚悟なのでしょう。

無印良品が持つ自然かつエシカルなイメージは、SDGsな時代にはピッタリだし、食品から雑貨に至るまで、生活にしっかり溶け込みつつあるなかで、地元スーパーとの共存も現実的だ。

願わくば、堂前さん出身の地ここ広島で、無印的観光プロダクト開発もご一緒して、この地の未来を一緒に創りたい。
思い切った目標ですね。既存事業の延長戦だけでは難しい数字かと思います。社会が大きく変わる中での新しい小売業の形をどう表現するのか注目したいです。
良品計画の中期経営計画には「個店経営と土着化」とあり、これまでの画一的な商品を大量に流通させるというモデルを刷新しながら出店を加速するという戦略のように見えます。これまでのチェーンオペレーションの店舗を全く異なる視座で見ているようにも感じられます。
3兆円の売り上げは国内と海外(主に中国)での出店加速で構成するイメージのようですが、既存のチェーンオペレーションの店舗と個店経営と土着化の新しい流儀の店舗をどのエリアでどのような時間軸でミックスさせていくのか今後の展開が興味深いです。
売上を6倍にするには、既存の品ぞろえを起点としつつも、現在の主力の買回り品については、①商圏人口拡大による市場シェア拡大、そして、より購入頻度を増やす意味で、②食品・日用品などの最寄り品の品揃えの拡張、そして、③既存プロダクトから大幅に高単価なサービス・プロダクト事業の拡大、といったことが必要となろう。

店舗数増と床面積増は明らかに①のための施策であり、有名スーパー立地へのドミナント出店は②を意識している。そして、住宅やオフィス事業の拡張は③である。ただ、これらをむやみに拡大することはせず、創立以来、無印良品が育んできたエシカルなブランドイメージを本質的な事業活動を通じて消費者に訴求することで、高収益性を担保するということだろう。

個人的にはその売上規模6倍におけるポートフォリオをどのように構想しているのかが、非常に気になる。それによって、将来の無印良品のブランドとしての姿が大きく変わるからだ。
#無印良品 が、2030年に、今の #売上6倍 の3兆円を計画!
ものすごいアグレッシブな計画ですが、裏には、地元スーパーのとなりに600坪で出店するなど、裏付けがあります。
素晴らしい公約!
無印商品からはエシカルなイメージ、SDGsでいうところの12番目の目標である「つくる責任、つかう責任(持続可能な消費と生産のパターンを確保する」を達成に向けた取り組みを企業と消費者が一体となって進めることができるイメージがあります。

「脱プラ100%」宣言、人権デューデリジェンスの徹底は、消費者・世間が無印良品へ関心を抱く分野だと感じます。そのブランドイメージを如何に企業成長へつなげるか、相乗効果を見いだす明確な戦略が必要ですね。(積極出店・日用品プラスαのなにか?)
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,216 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績