新着Pick
405Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「30年続ける覚悟でやれば、成功しないビジネスはないでしょう」この俯瞰力に加え、NPの記事にあった通りの解像度で事業をつくるコンビネーションがリクルート2.0感あります期待。
人気 Picker
「こっち来いや!」とまわりを引っ張るのではなくて、「この指とまれ!」的な巻き込み方。リーダーにおける目標設定力やセンスメイキングの重要さを再認識させてくれますね。

リクルートにおける会社と個人の関係はユニークで、日本社会にとっての一つのロールモデルになりうる、と思っています。↓の記事では「ロール型」と評されていましたが、日本版の「THE ALLIANCE」というべきモデルですね
https://newspicks.com/news/5314523?ref=user_280855
朝から刺激ある記事ですね❗️見ている世界が違う…だけではなく、実践し続けている姿勢に揺るぎない意思を感じますね。周囲の誰もが無理だよ…という中で、道を切り拓くには、仕事に対する熱量が必要になる。この熱量の高さが、出木場氏の"この指止まれ!"に繋がっていると思う。ネット予約には、パソコンやネット環境の整備が必要であるならば、自社のサービスとは関係ないことまで、何でもやる姿勢は並大抵の想いでは出来ることではない…。
話は少し変わるが、TOTOのウォシュレットの普及するまでの活動を思い出した。ウォシュレットが市民権を得るまで、実は、一般的なトイレには、コンセント口が配電されていなかったので、ウォシュレットが動かすことが出来なかったのである…。工務店に頼み込み、施工する際に、コンセント口を設置して貰う地道な交渉を積み重ねた…とその昔聞いたことを思い出しました。便利になっている"世界観"を明確に持てるか…仕事への熱量を高めるためには、必須条件だと改めて思う…。
出木場氏のインタビューは、個人的には読んでいてとてもワクワクする!
「便利な方がいいに決まっている」、「この指とまれ!」、シンプルだけど、シンプルだからこそ良いと思う。
最適な提案すらできていなくて悔しいとか、起業ではなく企業が持つ資産を使えるアドバンテージ。大企業に雇われるのではなく、大企業を利用するような経営者や個人がこうやってどんどん増えていくことが本当に重要だと思う。

一方で数値はもちろん重要。下記のKPIについての出木場氏の記事も是非併せて!
https://newspicks.com/news/5948738
「日本はGAFAを目指さなくていい」の段に書かれていることがとても興味深かったです。
日本はダメだと悲観せず、シリコンバレーは特別な場所であると理解し、焦らず自分のやりたいことを着実に実現する。そういう意識でみんなが日々過ごすことができれば、日本は大きく変わっていくのではないかなと思いました。
痺れる記事です
最近、出木場さんの記事をよく見かけますがどの記事も学びの宝庫

「こっち来いや!」とまわりを引っ張るのではなくて、「この指とまれ!」的な巻き込み方の部分が特に出木場さんの魅力を体現している言葉だと感じました。
出木場さんの話はほんとワクワクします。ミスターリクルート。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
12.0 兆円

業績