新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フランスの場合、デモ大国ですから、政権(マクロン)批判に繋がればネタは何でも良いという側面もあるように考えられます。
他方、都市封鎖などの行動制限に対する社会の疲れが深刻なことは事実なわけで、当局としては慎重に取り組まないと、民意が一気に離反する事態になりそうです。
日本はとにかく、都市部を中心に、中高齢者のワクチン接種を進めるしかないのでしょう。
欧州は希望者にはワクチンがほぼ一巡し、多くの国で接種率では米国を上回っています。ここからどう接種率を引き上げるか。ロックダウン同様に強い政策をとれば反発も強くなります。どの国も困難なジレンマに直面してます。
フランスでは医療従事者に接種を義務化する方針で、一般にも飲食店や公共施設などで接種証明書の提示義務が拡大した結果、接種率は上がったものの極右や急進左派を巻き込んで反対運動が先鋭化しています。
フランス各地でのデモでは、「自由(liberté)」が叫ばれていたが、参加者には、いわゆるポピュリスト右翼の支持者が多いということだ。つまり、あまり普段は「自由」を叫ばない人々である。また、マルセイユでは、2人のジャーナリストがデモ隊に襲われるという異常事態が起きている。普段のデモなら、襲撃されるのは警察だ。なお、デモは起きているが、世論調査では、6割超のフランス人は「衛生パス(passe sanitaire)」に賛成しているとのことである。コロナ禍の犠牲者が多かった分だけ、人々も恐れているのであろう。ともあれ、フランスでデモが起きるのは日常茶飯事であり、それ自体は何ら特別なことではない。
フランスやスペイン、英国で起きているのは、ワクチン接種済みの人に付与される「衛生パス」制度に反対する抗議行動ですね。衛生パスがなければ飲食店や電車、バス、映画館、観光施設などに入れない、という制度がヨーロッパ各国で導入されています。フランスでは7月21日から始まっています。
 抗議行動に来ている人の中には、ワクチン接種そのものに反対しているという人もいますが、それだけだとさすがに各地で何万人も集まりはしません。
 ヨーロッパでは、英国を含め、ワクチン接種を徹底することで行動制限を無くしていく、というのが基本路線になっていますが、そのためには、ワクチン接種の徹底を保証する制度が必要です。
 そのための「衛生パス」導入なのですが、常に衛生パスを持ち歩かなければならない、という日常を歓迎しない人が少なくないようです。抗議行動をしている人たちは、右翼もいれば左翼もいて、少し前は黄色いベストを着て格差是正を求めて抗議行動をしていた人たちもいます。
 一方で、フランスでは、伸び悩んでいたワクチン接種率が、再び急上昇しています。衛生パスが無ければバカンスに行けなくなるので、背に腹は代えられないのでしょう。
人生を楽しむことを最重要にしているフランスやイタリアの人々にとって、これまでの規制に我慢がならなくなったのかもしれませんね。

血の気の多い国民性ですから…。

とはいえ、お上の要請に粛々と従っている日本人も情けない。
主権者は国民なのですから、もっと声をあげてもいいと思います。
倫理観、新たな考え方ややり方が導入される局面において、避けられない運動や価値観のひとつですね。

報道においては、全体のうちのどれくらいかが伝えられると、民主主義の国と地域ではやはり多数決の原理に基づいて意思決定がなされます。

日本でも想定できる出来事です。出来るだけ調和の取れた社会形成が必須ですが、もうロックダウンではなくて、前進したいですね。
欧州では規制反対のデモ。日本では五輪反対のデモ。欧州のデモはマスクなし。日本は五輪会場も無観客マスク。
デモはかなりよく起こる地域だと思うのですが、コロナがらみの影響が長引いていること、毎日の生活でも感じられること、個人の自由を脅かすものだという考え方などから、複合的にこうした動きがでてきているのだと思います。
感染がワクチン接種者にも広がっていますが弱毒化しているとも見られています。はやりカギはワクチンと治療薬の併用ですかね。ワクチンを嫌がる人に無理やり打つのは無理があるように思います。インフルエンザのタミフルに相当する治験薬が出来たら、コロナ禍は過去のものになると見て良いと思います。
日本がいかに対策に優れているかを知ることができる事案。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン