新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
申し込む
人気 Picker
本日、役所でワクチンパスポート、発行していただきました。待ち時間も、殆んどなくスムーズでした。
自治体ごとに違うのかもしれませんが、私の住区では、住民票とか印鑑証明と似たような紙(すかし入りの)なので、ペラペラのA4サイズの紙ではあります。
「渡航先で渡したら、また発行してもらうのですか?」と聞いたら、
「渡すことはないと思うので、基本的には一回限りの発行です」とのことです。
大切に保管せねば、ですね。
ワクチンパスポートの主な根拠は、「公衆衛生上の理由による自由な活動の制限は、検証可能なリスクに合わせて調整されるべきだ」というところにあります。特に、制限が厳しく、国民感情が何らかの緩和を求めている場合、説得力を持ちます。

コロナ禍において、集団免疫の獲得以前にただ制限を緩和することは、感染者及びそれによる死者を増やすこととイコールです。このため、緩和を制限するリスクを低減する方法が求められますが、その手段の一つがこのワクチンパスポートということになります。

例えば、海外渡航でこのワクチンパスポートを求めるケースを考えてみると、銃を所持することが法的に認められた米国において、海外渡航では銃の持ち込みが禁止されたりするのと同様、航空機内や渡航先の安全を確保するための手段として、このワクチンパスポートが道徳的に妥当化されることになります。コロナ禍になり、マスク装着の上での飛行機搭乗が許可されるようになったのも、同様の考え方です。

ただし、ここには限界が数多く存在することも知っておく必要があります。まずそもそも「ワクチン接種済み」と言っても、世界を見れば効果の異なる様々なワクチンが用いられていること、接種を受けたタイミングもバラバラで、その効果は個々で大きな差があるという点が挙げられます。

また、新たな変異ウイルスの登場によっても、ワクチン接種完了の持つ意味は変わる可能性があります。有効性の持続期間も不明確な中、全ての人のワクチン接種完了を同等のリスク低減と扱えるのかという課題が生じえます。あるいは、国によりワクチン供給の進みに違いがある中で、ワクチンをいち早く獲得した先進国を優遇することにつながるとった道徳的な問題も生じえます。

これらの限界をふまえた上で、自治体あるいは政府として、エビデンスの追加、新たな変異ウイルスの登場などともに、一度始めた方法論に固執せず、フレキシブルでいられるかという点が運用の鍵になるでしょう。また、ワクチンパスポートの偽造を防いだり、民間企業の誤用を監視するような役割もまた、政府・自治体に求められることになります。
対象国を増やしていくことはもちろんですが、国内で使える制度設計を早急に考えるべきです。政府は「ワクチン差別を助長しかねない」と慎重ですが、それは考えすぎではないでしょうか。私には面倒を抱え込みたくないという逃げ腰の言い訳に聞こえます。すでに一部商店街などでは「ワクチン割引」が行われています。また苦境の飲食店に対してはワクチンパスポートで酒類提供できるようなシステムも考えられます。ワクチンパスポートの流通は、経済効果だけでなく、ワクチン接種を後押しすることも期待できます。
ありがたいお話ですが、海外から入ってくる方について何らかの措置はないなかな〜。日本が認めているワクチンを接種した人は日本人でも外国人でも短い隔離期間で入ってきて良いと言った措置があると往来も再開されていいのではと思うのだが。相互互恵ということもあるし。

まぁお互いにとしないと国の数もこれ以上増えないでしょうから早めに措置してもらいたいなぁ。オリンピック終わらないとということかもしれませんが流石にそろそろ…
国民の健康を国都道府県が管理することに対して、人権と合わせてもっと議論すべきです。
たとえば、米国のテキサス州では、州内の公的機関での利用を禁止しています。このように、国内での利用に関する法律が必要なはず。

一端、仕組みができると、コロナワクチンだけでなく、いろいろな医療情報追加される可能性もあります。国民の健康を管理して、暴走した国が戦前ヨーロッパにあったように、国民の健康管理は、全体主義につながる可能性もあり、歯止めをかけておく必要があるのではないでしょうか?
ワクチンパスポートの所持で海外渡航OK、隔離期間も短縮出来るのは当然として、パスポート保有者同士の飲食店・カラオケ店での飲酒/時間制限解除、各種イベント参加OK等、ワクチン接種に大きなメリットがあるような段階的な制限解除にも取り組む自治体、団体が出てきて欲しい。
ワクチンパスポート きょうから申請受け付け 各市区町村で。帰国時の2週間隔離も免除されるのかな?それがされないと意味なさすぎる。後、家族旅行の時の子どもはどうなるのだろう?
港区ではオンライン申請も対応してます。

https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1626667845556
海外に渡航する方だけならいいと思う。
ただ、国内で経済的な理由で使うのは、
現状、接種券ありきで未だに接種券さえ届かない人もいること。基本的には高齢者優先で若年層はなかなかワクチン接種の機会がもてないことを考えると、間違いなく若年層は声を上げるだろうし、混乱をきたすと思うので、もう少し若年層までワクチン接種を射つ体制が整ってからやるべきだと思います。
待ってました!
4日前に日本を出国しましたが、陰性証明に数万円かかってしまいました(もっと抑えることも可能ですが、英語の追加料金、時間指定などの制限諸々で結局)。この出費が毎回と思うとぞっとするので、早期のパスポート化は大変ありがたいです。