新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「二地点間高速輸送」は今年になって,にわかに話題に挙がるようになりました.概念検討が始まっています.とは言え,1980年代の「オリエントエクスプレス」「スペースプレーン」「ロケットプレーン」から始まり,私も20年以上スペースプレーン・極超音速機・宇宙往還機の最適設計に関わってきて,「何をいまさら」「また来たブーム」と考えています.当時から「20年後には...」と言っていましたから,「今度の20年後は本物?」といぶかしんでいる.ただ,再使用弾道飛行が始まったりと,すこしずつ周辺環境が底上げされてきているのも事実で,「今度こそ」とも思っている.
人気 Picker
喜ばしいニュース、かもしれない。
だけど、2040年ってちょっと遅すぎじゃないでしょうか。。。2040年までにSpaceXとBlue OriginとVirgin Galacticは何回人を宇宙に運んでまた地上に送り届けるのだろう。現在の旅客機の製造シェアの大半をBoeingとAirbusが占めているように、宇宙往還機の製造シェアを一体何社でシェアするのだろう。早ければ良いものでもないが、First Moverの得る利益は大きい。