新着Pick

中国企業ADR急落、19年以来最長の下げ-ハイテク業界巡るリスクで

Bloomberg.com
中国企業の米国預託証券(ADR)が23日の取引で急落し、この2年余りで最長の下げとなった。中国のハイテク業界に対する規制上の締め付けが拡大する可能性に伴うリスクが嫌気された。
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のADRが大暴落中。中国政府による締め付けに嫌気をさしてのもの。けど、中国政府も国内回帰を望んでいるので、手を緩めることはないだろうな。その行き着く先は株式市場における米中デカップリング。その先資本のデカップリングまでいくかはまだ不明。これらが世界の株式市場に与える影響はどのくらい大きいんだろう。要注視
学習塾に中国規制当局の締め付けが厳しくなっているとのこと。アリババやテンセント、アントグループなどの金融業界への規制も強化されています。

中国政府はすべての企業をコントロール下におこうと考えているのでしょうか。自由度を失った企業の成長はとまります。それは国力低下にもなる。
株式市場での久しぶりの大きな下落となり、話題となっています
中国のとくにIT企業には逆風が吹き続けていますね
ポジションを持っている方は今後のニュースに注意が必要です
中国企業の米国預託証券(ADR)が23日の取引で急落し、この2年余りで最長の下げとなったそう
VIEストラクチャーを認めてきた米国のダブル・スタンダードの結果です。監査も例外を認めてきたから粉飾決算が頻出。