新着Pick
1Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
各小売企業が米国へ輸入貨物を行う際にどの程度環境汚染物質を排出しているか,NGO団体がB/L(船荷証券)と個々の船舶の排出量に関するデータを相互に参照して推計した内容が発表されています.たとえば,トップのウォルマートは米国への輸入のために2019年に海上コンテナ輸送で372万トンのCO2を排出したと推計されています.記事によるとこれは石炭火力発電所1基が1年間に排出する量よりも多い量とのことです.

米国に向かうコンテナ貨物は,個別取引単位で荷主や利用した航路を特定できます.これと利用された船舶の排出量に関するデータを使うことで個別取引単位での汚染物質の排出量を推定できるというわけです.本記事の最後にはターゲットやイケア,Amazon,LGなど15企業について一覧があるのでご覧ください.