新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ノンアルコールビールの国内市場は今後も増加傾向と見込まれています。増加要因としては、主に「ノンアルコール飲料の品質向上」「コロナ禍における健康志向の増加」の2点と考えられます。

2020年に実施されたサントリーによるノンアルコール飲料調査レポートによると、「半年前と比較して引用量が増えた理由」トップ3として以下の理由が挙げられていました。
・おいしくなったから (50.6%)
・在宅時間が増えたから (40.3%)
・健康を気にするようなったから (38.0%)
ノンアルコールビール自体が美味しくなってきたことはもちろん、コロナ禍において在宅勤務で健康に気を使う場面が増えたことが影響しているようです。

また、世界的にもノンアルコール飲料市場は拡大していて、2020-2025年の年平均成長率は6.8%と予想されています。
https://www.statista.com/outlook/20000000/100/non-alcoholic-drinks/worldwide

その中でもミレニアム世代を中心に「Sober Curisous (ソバーキュリアス)」という「脱アルコール」トレンドがおきています。
彼らは健康面ではもちろん、精神的な充実の面からもアルコールの消費量を抑えようとしています。

国内外含めノンアルコール飲料市場の拡大が見込まれる中で、各メーカーがどのような動きに出るのか注目したいと思います。


<参考資料>
「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態・意識調査サントリー ノンアルコール飲料レポート2020」
https://www.google.co.jp/amp/s/www.suntory.co.jp/news/article/amp/13775.html
ノンアルコールビール面白い、コロナ後にどう拡大するのか気にしておこう。
「米国はノンアルビールにとって未開の地で、ユーロモニターのデータに基づくシェアはわずか0.5%にすぎない」「ノンアル飲料は通常、利益率も高い。製造コストはかさむが、税率が低いためだ」