新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パンデミックで延期され、反対の声も渦巻く五輪は、競技だけでない、風景や思想を記録することが期待される。対象に入り込んで映像化する点で、この監督は世界の中でも最適任と思う。最高のレガシーを創ってください。
1964年の東京は、復興まっしぐらで、国民の殆どが体育系文化と同調圧力肯定で、作品の方向性は分かりやすかっただろう。
今回は、そもそもコロナという人類全員先が読めない時間の中で、分断と葛藤と、確かに個人の中でも判断がつかない迷いを抱えて、皆がこの開催を迎えた。
基本的なマスク慣れの清潔文化や、ロックダウンを否とする歴史的背景といった日本ならではの環境の中で、非常時対応力の悲劇的不足や、もろもろ世界標準に至っていない常識観など、残念なガラパゴスぶりも、しかしその中でも強みも、炙り出されたと思う。しばらくはスポーツの引き込む力で盛り上がることは間違いないが、そういう成熟期の迷いや葛藤が、ありのままに定着されると、良い作品になるでしょうし、監督としてもピッタリですね。
先日、制作途中のドキュメンタリーを見ました。大変なプレッシャーだと思います。
貴重。

アスリートの活躍を期待する一方、東京五輪は失敗の烙印を押されて然るべき。なぜなら、意思決定が「昭和の塊」のため。グローバルから外圧として「NO」を突きつけないと、日本は永久に昭和を繰り返す
Premiumを無料で体験
登録・ログイン