新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業文化というよりは、ワタシ的な解釈で言うと組織の「特性」みたいなものだと思うのですが、確かにこれはあると思います。会社によって違う。過去に5社で勤務して来ましたが、全部違う。ワタシはたまたま人事担当だったので、仕事柄、この辺りを嗅ぎ取ることは必須だったのですが、そうでなくても転職時などはこのような「企業文化」をできるだけ早く察知できるといいですよね。成功確率も格段に上がる。

そう考えると、全ての職場が100パーそうでないにせよ「ウチはこういう企業文化」ということを認知して掲げ、大切にし、矛盾なくオペレーションレベルにも浸透させている会社は結構強いじゃないかと思います。働く側にもわかりやすいですもんね。
質問からやるべきことを決める。総合的だからこそのアプローチかも「企業文化は、仕事の割り振りや、業績の評価の仕方、昇進の基準など、日々発生する無数の選択の結果として成り立っている…従業員の好みを特定するために的確な質問を投げ掛けられさえすれば…」
企業文化は、仕事の割り振りや、業績の評価の仕方、昇進の基準など、日々発生する無数の選択の結果として成り立っている。

なるほど。
働き手の方が企業文化に合わせて、自分にマッチする職場を選ぶことは前提ですが、企業側も職員の特性や価値観、能力を分析し、適材適所の人員配置を行う努力はした方がよいと思います
#キャリアコンサルタント
簡単な記事ですが、自分はどのタイプの企業との相性がいいのかをわかっておくと入社後のミスマッチが防げそう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン