新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先進国と途上国のワクチン格差が問題になる中、それでも自国民のブースター接種を優先して調達するアメリカ。まあ、まずは国内のワクチン接種拒否者をどうするかの方が大事な問題のような気もするが…。
新型コロナウイルスワクチンの3回目(以降)の接種を視野に入れた準備について、使用実績に基づいた専門家の見解では、2回接種での抗体は少なくとも6カ月間は持続するものの、その後徐々に減少し、1年以上だと厳しいのではないかと言われはじめています。(毎年接種する必要があるインフルエンザワクチンの抗体の持続期間は5カ月程度と言われています。)

抗体保有者を維持することは、経済を回す条件となりうることがわかっていますので、リスクマネジメントの手段としては、極めて当然の考え方だと思います。
自国製造できる国は、自国優先が現実的に可能。
日本は次のパンデミックのために、ワクチン開発能力を強化すべき。
アメリカのお話。アメリカは、新型コロナウイルスワクチン接種対象の12歳未満への拡大や3回目以降の接種が必要になる事態に備えるために、ファイザー製ワクチン計2億回分を追加で調達したそうです
Premiumを無料で体験
登録・ログイン