新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イスラエルからのデータは、臨床試験からの報告とは異なり、リアルワールドからのデータの集積であるため、臨床試験で省かれるような特殊な事情がある人も含まれており、より実社会に即した条件で得られたデータということになります。

例えば、臨床試験では、ワクチンの効果が出にくいとされる免疫を抑える薬を飲んでいる人が除外される一方、イスラエルからの報告はそのような人も含んだ値が出てくることになります。

一方、臨床試験とは異なり、比較する両グループの間の前提条件を揃えることが難しくなり、臨床試験よりもバイアスに苦しむデータとなります。

このように、臨床試験にも、リアルワールドのデータにもそれぞれ長所、短所があると言えます。このため、あまり各数値を見て一喜一憂したり、数値同士を比較することには意味がありません。そもそも条件の違いだけで、説明ができてしまうかもしれないからです。こんなもんなのかと「感覚を掴む」程度に把握するのが大切だと思います。
オリジナルへの効果は落ちるが、「ファイザー・ビオンテック製ワクチンは入院する確率を88%、重症化を91%の確率で防ぐ」というのは十分な効果。mRNAワクチン行き渡れば重症者・死者をベンチマークに経済再開を行なっていけば良いという事
素晴らしい情報であると同時に、ワクチン接種率先進国であり、世界が注目するベンチマーク、イスラエルから情報が共有された事に喜びを覚えました。時差はあるのですが、日本も秋、冬には全く違う局面と社会経済の復帰に期待したいですね。
イスラエルの保健省が22日発表したリポートによるものだそう。
これが何を意味するかというと、ファイザーのワクチンを2回接種した人がキャリアーとなって他の人に感染させまくるリスクがあるということ。人口の4割が未接種のイスラエルで今後、どうなるか注視する必要がある。
時価総額
2.84 兆円

業績

業績