新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小さなことだけれど、聞いてる人からしたら聞き流せない人だっているわけで、そんな細やかな配慮がされるということが、たとえどんな意図を持っていたとしても素晴らしいと思いました。

誰もが最大級の喜びを持って迎えるはずであった五輪が、こうも多くの人々に複雑な心境や心配りを要するまでになってしまっていることこそが、最も悲しいことであると思います。
考え抜かれた深い配慮だったと思います。国民の分断を進めず、統合の象徴としての覚悟を示されたと受け止めます。感じ入りました。
記事を読んで思い出しました。2002年ソルトレークシティー冬季五輪で、ブッシュ米大統領(当時)が開会宣言で「誇り高く、決意にあふれ、感謝の気持ちを持つ国を代表して」と付け加えました。テロとの戦いへの決意に言及したものですが、政治的に利用したとして批判も受けました。
悲しい出来事を忘れないようにする「記念碑」もある。
日本語は表現が多様だし繊細。これも文化の一部で、こういった繊細さでの工夫や配慮、とても素晴らしいと思う。
もう、原文通り、英語でいいよ。
短いし、簡単な英語だし。

日本語でなんといおうが、celebratingはcelebratingでしかないから。

それにしても、開会式の宣言でさえ定型文(台本)にするIOCは、何を恐れているのだろうか?
東京五輪開会式での天皇陛下の挨拶は国民の7割近くが五輪開催に反対している事を考慮されたのだろう。少し前、天皇陛下が東京五輪に対する不安感を示された事もあわせて、とても率直で良かったと思う。
開会宣言は五輪憲章で文言が決まっており、国家元首がこれに従って読み上げることになっているそうですが、「宮内庁の意向も踏まえつつ、政府と組織委が和訳として逸脱しない範囲の表現を模索し、国際オリンピック委員会(IOC)の了承も経て、「記念する」に落ち着いた」
「記念」というお言葉をお選びになり、選手たちに向かって拍手をなさる陛下のお姿から、むしろ最大限の祝意を感じさせていただきました。
日本の皇室の常識に救われますね
五輪を快く思っていない国民感情がある中での宣言の読み上げは色々配慮があったことを感じさせるものでしたね。
政治的な中立性が求められる中でのギリギリのラインを見事に表現されていたと思います。それに引き換え…と器の違いを感じてしまいますね。
翻訳って大事な仕事ですね。正直個人的にはどうでもいいけど、これだけ気にして報道する人がいるんだから。