新着Pick
502Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
読んでおいて損はない良くまとまった記事。やはりハードを買い占めてるGoogleが印象的。でも、買収企業数から分かるように、水面下で結構買ってるな。後はモバイル・ソーシャル系が鍵になってくるとし、FBのWhatsAppは非常に意味がある、Googleも狙ってたらしいし。そしてApple以外4社に見られる共通点の一つは、ドローン企業の買収、開発に力を入れていること。ハードは今後、陸の次のインフラプラットフォームとなる空をドローンでまずはどこが参入するのか見どころ。Googleのnest、Appleもフォーカスを置いてる、IoT、スマートデバイスにも注目。FBのOculusの商業展開も気になる。
良記事につきメモ
・Google=ハード・インフラ
・アップル=ソフトウェア・ソーシャル
・Facebook=モバイル
・アマゾン=ゲーム
という全体感だけでも、レイヤー分野を跨いだ陣取り合戦が進んでいることが見えておもろい
よくまとめられてる!買収された企業と今後の狙いもほぼほぼ的確だと思う。

Googleは未来への投資だろうけど、標榜するのはやはり「人間が考える前に機械が反応する社会」
FacebookについてはOculusをどう事業につなげるか。ただ、現状は自由な状態に置いているみたいで、FacebookのOculusではなく、OculusはOculus単体で見たほうがいいかと。FacebookはWhatsappとInstaglamをどう料理するか。
Amazonは「世のすべてのものがAmazonで買える世界」が目指すところなのかなと。なので、Kindle以外ではまだまだ弱いソフトコンテンツをこれからも拡充していくと思われる。
Appleはなんといっても堅実なハードの企業なので上三社とはまた毛色が違う気もするので同列には比較できないと思う。ただ、ソフトコンテンツでは音楽、本、映画とAmazonと被るところがあり、iTunesの強さをどこまで堅持できるか。Beats買収でiTunes Radioがより強化されストリーミングを一気に展開するのかなと思っていたけど、動きが無いのがよくわからないところ。
買収実績が綺麗にまとめられていて良い記事ですね。もっと妄想考察が欲しかったかもです。もっと買収戦略を対外説明したほうが買収効率上がる気がするが競合に買われるリスクもあるということか。
これはデザインも綺麗だし、わかりやすくまとまってた。
読む価値のある記事。
各社の違いとともに、未来のトレンドが垣間見えるのが面白いじゃなイカ!5年先のトレンドをよんでいろいろ学んでいきたいでゲソね。
アリババ・テンセント・ソフトバンク・ディズニーも加えると、コンテンツ周りではかなり面白いことが見えてきそう。
(高品質コンテンツ+UGC)×プラットフォーム
数字をこんだけ使ってくれると、
私にもすごく分かり易い(^^;;
面白かったー。
キャッシュフローが潤沢な企業は買収戦略でも有利ですね。この記事はわかりやすくていいです。
これからはハード企業、ソフト企業の境目はどんどん薄くなるだろうな。この4社で比較すると確かに未来がよく見えますね。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
96.9 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績