新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旭化成、HDI系のポリウレタンを得意としているので、より低温硬化できるような材料を投下していくのですかね。
塗装は、単に見た目のきれいさのためだけにあるのではなく、鋼材の劣化をもたらす酸素や水を遮断する重要な役割があります。リソースを集中するに足る分野だと思います。

他方、建材用のアクリルラテックスは撤退するなどしているので、得意分野に集中するつもりなのかなとも思って見ています。
✩アクリルラテックス事業と光触媒塗料事業の撤退および和歌山工場の閉鎖について
https://www.asahi-kasei.com/jp/news/2021/ze210512.html

CO₂削減ということに関しては、単に硬化に必要な熱をセーブするということ以外にも手段を考えているのではと思います。
記事の趣旨と少し違うのですが、同社はポリカ原料のエチレンカーボネートを、エチレンオキサイドとCO₂からダイレクトに作る技術を完成させています。
✩旭化成 CO₂からカーボネート、製造技術をライセンス(日刊ケミカルニュース)
https://newspicks.com/news/6039230/

確か、これと類似の方式で、アミン化合物とCO₂(誘導体)からウレタン原料のイソシアネートを作る方法も開発していたはず。
塗装時のエネルギー削減+CO₂そのものを原料にしてしまうという合わせ技が完成したら、トータルではかなり寄与するんじゃないかと注目しています。
こういう積み重ね。とくに塗装や鉄は、別にEVになって消える要素ではない。
旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.72 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン