新着Pick
520Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オリンピックの経済効果の測定方法についての見識はないのでコメントは差し控えるが、いかなる数字をみても国民の実感としては理解出来ないことは明らかだ。私は、東京オリンピックの誘致の時から反対であった。その理由は、これまでのオリンピックは新興国の経済発展の過程の中で、世界に自国の存在をアピールするには非常に効果があり、インフラ整備という意味からも実感ある経済効果が見込まれるのに対して、先進国においては目に見える経済効果は難しいからである。1964年の東京オリンピックは、日本が戦後の経済復興を果たし、新幹線や高速道路というインフラを開発整備することで、国民も先進国の仲間入りを果たす前段階でのアピールをすると共に、より豊かな生活と経済発展を実感できた。翻って、バブル期に先進国の仲間入りを果たし世界第2位の経済大国に成長しながら、その後のデジタル化に遅れて失われた30年を経験して衰退してきた現在の日本で開催する東京オリンピックは、世界に日本の何を発信してアピールするのか? この議論とテーマなくして、先進国のオリンピック誘致成功は有り得ない。特に、工業社会からデジタル社会への移行期の今、工業社会の代名詞であったインフラ整備による経済効果など、いくら積み上げても実感出来ないのは当たり前で、それは現在のGDPでさえデジタル社会の経済成長を計る物差しにはそぐわないのと全く同じだ。工業社会からデジタル社会へ移行する時代に求められる新しいオリンピックのモデルこそ、今後のオリンピックの最大の課題となるだろう。
結局、経済効果ってあるイベントが開催された場合に、それに関連してどれだけお金が動くかですから、その裏でイベントが開催されたことで失われるお金の流れもあるでしょう。
このため、トータルで経済的に得かどうかは、お金がどれだけ動くかではなく、トータルでGDPがどれだけ増えるかで見るべきだと思います。
「投資」に関して、首相や知事をはじめとする企業で言えば経営者、幹部はもちろん、現場で準備・調整する職員の方たちの時間が全く勘案されていない気がするのですが、間違いでしょうか?そうした人たちが(施設投資のお金も)コロナをはじめとする別の重要な案件に取り組んでいたら、より効果のあることができたという可能性も合わせて提示されたら良かったと思いました。
試算については理解しましたが、今より半年後のほうがよい状況であるとの確答はないため、あと半年とか1年延期したほうが本当によかったのかどうかはなんともいえません。少なくとも、コロナの実態がだいぶわかって、欧米が悲惨な状況から脱し、曲りなりにもワクチンが広がってきた今のほうが、1年前よりはマシではあります。
私はこの分野については全くの素人と前置きする。
ただ、五輪開催を得か損かの議論に落とし込むことに違和感を感じる。

オリンピックの開催国となることそれ自体が名誉なことだったはず。それはオリンピックの根本精神に関連したことだったはず。
とはいえ、経済的な影響を考えないわけにはいけないというのは完全に合意する。ただ、経済的な議論にのみ終始するのもなんだか違う気がする。
経済波及効果を考える際にはその計算の前提をしっかり理解することが何よりも重要、ということが分かります。
どうしても数字だけが独り歩きする傾向にありますが、前提を揃えることで比較可能性を担保できれば、活用の余地は広い分析です。
機会費用、機会損失、負の経済効果などが見えないので、いつも「経済効果」という言葉には懐疑的です。いくらでも前提を弄れてしまいますので、盲信してはいけない数字の代表格かと。
これだけ盛り上がった東京五輪を損得だけで考えたくないですが、検証は必要でしょうね。
もしコロナが無かったらとも思いますが、実際はどうだったのか気になります。
しかし、金額の単位が大きすぎてまったくイメージできませんでした。
結局損得はどうでもよかったです。
宮下公園の再開発とか、神宮外苑の再開発とか、オリンピックなしでは成しえなかったとおもうんですけど、どうなんでしょうか。
オリンピックにかこつけて、いろいろな再開発が進んだと考えると、よいところもありそうです。ただ、オリンピックでなければ大それた再開発も許されなかったのではないかと思うと、将来に禍根を残すような気がします。

特に、宮下公園みたいに駅近の公園つぶしてビルにするとか、結構、すごいことですよ。高さ規程あった神宮外苑あたりもなし崩しで規程破られてますし。
https://note.com/orenobaka2019/n/n0cadb7fc685d
コロナが突然やってきたことによってどのぐらいの損失をもたらしたか、それもあったら記事はもっと面白くなります。
私は損得よりも五輪によってインフラの整備、防疫体制の構築も五輪の役割の一つと考えます。
菅首相がおっしゃっている「安心、安全」、「国民の健康と命をまもる」という視点も重要です。菅首相は完全に目的を達成していませんが、たいへんな努力をしたと思います。
この連載について
1年の延期を経て、ついに東京五輪が開幕する。開催前には反対の声も多かった57年ぶりの自国開催の夏季五輪は、どんな大会になるのか。スポーツに興味がなくても楽しめる、ビジネスパーソンのための五輪特集をお届けする。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン