新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オリンピックが商業化して巨大なビジネスとなったのは、1984年のロサンゼルス・オリンピックからです。テレビの普及とその広告効果、スポンサーのシステムが無ければ成り立たなかったことです。米国はその最先端にいた国でした。
 1964年の東京オリンピック開会式は10月10日でした。競技に最も適した気候という理由からです。ロサンゼルス・オリンピック以降は、7月、8月に開催されるようになりました。この時期、米国のテレビ局がNBAやNFLといった目玉となるスポーツ・コンテンツがないから、という理由です。
 オリンピックが国家の威信を示す式典となったのは、1936年のベルリン・オリンピックからです。1964年の東京オリンピックもそのタイプのオリンピックであり、日本が国際社会での存在感を示す機会、と日本人には理解されました。
 1984年のロサンゼルス・オリンピックは、国家ではなくスポンサーが予算を出す、というのが目玉でした。当時の国際オリンピック委員会にも言い分があり、もはやオリンピックは国家と自治体に莫大な負担を背負わせる事業になっていました。テレビ放映とスポンサー契約で予算を捻出すれば、国や自治体の負担は無くなる、という言い分でした。もっとも、これは米国だからできたことです。
 1984年以降のオリンピックは、メディアの広告効果ととスポンサーを軸にした、商業資本主義がその国で支配的になったことを誇示する祭典となりました。社会主義体制では逆立ちしてもできないイベントとなり、2008年の北京オリンピックも中国がそういう国になったことを示すものでした。1964年の東京オリンピックの時とはまるで別物です。
 国際オリンピック委員会の腐敗、現地の住民よりもアスリートよりもテレビ局とスポンサーの収益を優先するという性質は、構造的な結果です。テレビ局とスポンサー企業が本体である以上、絶対に治りません。
 抜本的な対策があるとしたら、各国政府の代表からなる国際機関が管理する事業にして、開催地は一国一票の投票で決定、予算は加盟国が供出する、放映権とスポンサー収益は無くす、というくらいでしょうか。
前々から言われていることでしたが、「世界一を決める競技会」と「平和の祭典」という2つのコンセプトは、残念ながら共存できていないことを当事者となる選手も真摯に受け止めなければなりません。

日本では政府もメディアも競技団体もオリンピックを突出して優先していますが、スポーツ文化が成熟した国では、各競技の世界選手権やワールドカップなどの扱いがオリンピックに匹敵するほど高いとも言われています。

世界一のアスリートを決める大会は世界選手権やワールドカップとして各競技がしっかり盛り上げ価値を高め、オリンピックは勝利よりも平和の祭典や競技普及というコンセプトにフォーカスして、IOCに集約された権限を分散させるなど、コロナ後には抜本的な改革が必要になりそうです。

ちなみに、かつてはパラリンピックが無ければ障害者スポーツ強化は成り立ちませんでしたが、2019年の世界パラバドミントン選手権が一般の世界選手権と同時開催されるなど、時代は確実に変わっています。
記事に『オリンピックにまだ意義はあるのだろうか。それとも、オリンピックは道を見失い、実現するはずだった理想から離れつつあるのだろうか。』という問いかけがある。
自分は、意義は時代を経て変わると思っているし、意義自体もそれぞれの立場によって変わると思っている。

テレビを中心とした商業化の影響は大きい。観客収入よりテレビ放映や関連する広告などの収入が大きく、それが無観客でも開催となる。
一方で、放送されるから認知が上がる側面もある。また放送されるから収入につながり、それがプロスポーツの裾野を広げている。記事にIOCは王族や皇族が多いという言及もあるが、スポーツ自体、元々余裕がないとやりにくい。昔は、選手でも王族・貴族の比率が高かったと思うし、高等教育比率も高かっただろう。裾野が広がり、生計が立てられるようになることは、商業化の恩恵でもあると思う。
選手にとっては、選手自身の発信を見ても人それぞれだと感じる。目指している大会だから何としても出たい方もいれば、観客から力を受けて一体感を得られないなかで出る意味は何か、社会全体の混沌のなかで開く意味は何か。捉え方は人それぞれで、そこに良い・悪いはない。

大きく変わったから、論点も多く出る。時代とともに意義は変わってよいし、これだけ論点がでること自体が、今回開催される大きな意義の一つだと自分は思う。
開催の是非についても色々な意見があるし、意義があるから開催すべきと思うわけではない(個人的には肯定も否定も強く持っていない)。でも開くと決まって、今日から始まるのだから、開く価値を最大化するようになってほしいと思う。
招致を希望する国が存在し、米国メディアが金を出す限りオリンピックは続くでしょうが、招致に立候補する国は減りそうな気がします。
2030年札幌五輪招致も国民からめちゃめちゃ反対が出そうですね。
これからのオリンピックは「途上国中心のイベント」にしてはどうでしょうか。前回の東京オリンピックがそうであったように、途上国にとってはオリンピックの経済効果はまだあるはずですから。

途上国は今の規模のオリンピックを開催するお金はないので競技環境は悪くなるかもしれませんが、そこは選手に我慢してもらいましょう。

人間はのど元過ぎれば熱さを忘れます。コロナが収まれば、また各国での開催地争奪戦は続くでしょうが、先進国で2回目、3回目をやるのはもうやめましょう。
オリンピックやワールドカップなどのビッグイベントは、開催国の爽快要因(Feelgood Factor)が高まるといわれています。ラグビーのW杯で日本が善戦した際には、国がひとつになったように感じました。あの一体感を、今回の五輪で取り戻してほしい。そう思います。
今回の東京オリパラの最大のレガシーは、オリパラエコシステムの再構築の必要性を全世界(特にIOC)に認識させること。
オリパラの理念自体の否定ではなく、SDGs等の意識の高まりによる人々の行動変容がIOCやメディアの変革を促す流れを作れれば、建設的な議論もできるかと思います。
オリンピックって何のためにあるんだろう。


その疑問にいくつか視点をくれた記事。

アメリカでは森が燃えていて、メキシコの海は火が吹いていて、ドイツや中国、日本では洪水が起きて、環境破壊や温暖化の影響から多くの被害が出ている中で、
またコロナの影響によって職や住まいを失って今苦しんでいる人が多くいる中で、
オリンピックが与える良いメッセージや、環境や社会に対する貢献があるのなら、教えてほしいです。
ちなみに今年は古代オリンピックとしては第700回目のオリンピア大祭に当たるそう。なにか運命を感じる。

【第700回 #古代オリンピア大祭 】無観客、無選手で祝おう、血と汗と肉のゼウス競技祭【 #古代ギリシャナイト 】
https://www.youtube.com/watch?v=V7-maPsKUvw
eスポーツのオリンピックへ移行したりして。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン