新着Pick
1208Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
行動療法の効果的な例の一つは、転職ではないでしょうか。長年いた会社環境を変え、より自分に合った環境を見つけることで、さらに自分の長所が発揮され、自信へ繋がります。

さらに、前職では自分は平均点だと思っていたスキルが、転職先では「すごいね」と感謝されより発揮出来ることも多いかと。なぜなら、会社により長所と伸びしろが違うからです。自分の可能性がもっと広いと気付かされてくれる良い転職=行動療法に活用したいものです。

転職に限らず「自分に合った環境」を設計することは、「自分が舵を取る人生設計」に大事ですね。
人気 Picker
アメリカ人に人間関係と聞くとまず来るのが教会(テキサスだけかもしれない)。彼ら・彼女らは仕事や会社に対して一般的にドライで(経営書に取り上げられるのはむしろ少数派と思う)、仕事=生活の手段、で常に引退することを考えている気がします。一方、私を含め日本人の多くは会社や仕事にを通じて自己実現を目指しているので、逃げ道がなくなることができてくる。倉田さんのご指摘のように転職もそうですし、副業など「これもありなんだ」という自分の視野を広げる経験をすると、だいぶ違うのではないでしょうか。
堀江貴文さんと山崎元さんの「FIREの是非」もよかったが、こちらも。
「仕事を辞めたいわけではなく、人間関係を管理したいというのが、FIREブームの本質なのではないでしょうか」
なるほど、孟母三遷の行動療法のほうが、即効性がありますね。NHKの「ひきこもり先生」が語った「逃げてもいいんだよ」という言葉が、ひきこもりの生徒を救う場面ばありましたが、その通りだと思います。自分にあわないと思ったら、時には逃げることも大切。それが環境適応、進化のステップです。
非常に分かり易く、認知療法と行動療法との違いを説明されている!個人的には、どちらも大事な視点だと思うものの、場所(=置かれた場所)を変えることで、自身の成長を加速させることが安易に出来るのか…と少し考えさせられました。場所を変えることで、衛生要因的な環境条件は改善されると思うのだが、そもそも、Growth Mindsetを持てなければ、結局は変わらない…と思う。残念ながら、生きていると好きなこと以上に嫌なことは沢山ある。しかしながら、嫌なことから学ぶことも数多あることも事実だと思う。嫌なことに蓋をして、見て見ぬふりするものも選択だが、嫌なことをより良いものに、どうにか改善させることができないか…深く思考し、行動することが座学では学べない生きる上での"実践知"になるのではないかと思う。正解がない世界においては、自身らしく"生きる"において重要なチカラになると思う…。
心理学的に、「意識」は氷山の一角で水面下には巨大な「無意識」があると言われています。

無意識を制御するのは、なかなか難しいですよね。
(昔から、ナポレオンヒルの本などがありますが…)

環境を変える方が(記事にあるように)とても楽です。

ただ、サラリーマンのように、簡単に環境を変えることができない人たちの方が日本には多いように思えます。
いる環境によって、認知の仕方は影響を受ける。ある環境ではマイノリティな認知も、別の環境ではマジョリティ。マイノリティだから気づけることもあったり価値が出たり、一方でマジョリティのほうが楽であることは多いとも思う。
この捉え方自体も認知の違いや、その時の個々人の状況にもよる。外部環境はコントロールできる部分もできない部分もある。だから呼吸法とか習慣などで安定させる方法論を持っている人は強いと思う。またそこに害がないと確認されて法制度などで許容されている範囲では、技術などを活用することは個々人の選択としてはアリだと思う。
心理学は専門外ですが、コロナ禍で精神的に病んでいる人が多い中で、大変興味深く拝読させていただきました。
とても良い記事でした。
行動療法と認知療法の違いをコップで例えたものは非常にわかりやすかったです。

また瞑想で呼吸に注目するとマインドフルネスな状態になるのは何故だろうとずっと不思議だったのですが、ようやく理解できました。
意識と無意識の接続をしていたのですね。おもしろい。

こころを「テクノロジー」で制御する、ここでは薬物などしか挙げられていませんが、海外ではVRを使われることも増えてきました。
脳に直接働きかけれるわけではありませんが、行動を伴って擬似体験できるので行動療法として効果が高いようです。
何事も適材適所ですよね。
置かれた場所で咲きなさいと言われ続けてきた人達に、咲ける場所に行きなさいと、すぐ行動に移せる人は少ないかもしれません。
人によっては、咲ける場所に連れて行ってあげたり、教えてあげる事も大事なのかも知れませんね。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。