新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これからの時代は、年功序列型ではなく、パフォーマンスベースで正しい評価をされる人事制度を創ることが、日本企業がより強くなりグローバル企業として成長することだと痛感します。

評価の基準の「透明性」がとても大事。年齢的にそろそろではなく、昇進するための毎年の目標設定や、コンピテンシーがクリアに設定され、社員もどこに向かえば、どのように成長すれば次のステップにいけるかが、お互いwin-winの「健康的な人事」ですね。現状維持の人材でも、毎年成長し学べるスキルはあるわけで、それを目標として明確化することが、多様性の人事のあり方だと思います。
人気 Picker
10年前から40前後で管理職になれなかったひとのキャリアをどのように形成するのかという意味で、“壮活”が人事領域で騒がれていた。それは、年功的なマネジメント単線コースという選択肢しかなかったからなのかもしれない。とはいえ、多様なキャリアコースを編制するにあたって、いつも原資の配分問題は残ってしまうのだけど。
マネジメントに向かない人でも、その他の能力に秀でた人々がたくさんいます。
この人たちの能力を、活用し評価で報いることも必要かなのだと思います。
関連記事一覧
努力が「続く人」「続かない人」のたった1つの差
Diamond Online
356Picks

「あの人、いい人なんだけどね」 "職場の人気者"は、なぜ年収が上がらないのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
187Picks

外国人に聞く、日本で働いて「よかったこと」「がっかりだったこと」
ITmedia ビジネスオンライン
117Picks

【岡島礼奈】一人で始めた「人工流れ星の会社」 特技は「自分よりできる人」を集める
朝日新聞GLOBE+
58Picks

ほどほどに仕事ができる人が「実は出世から遠ざかる」のはなぜか - 常識的な提案するだけでは足りない
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
10Picks

「頭のかたい人、柔らかい人」の決定的な3つの差 - だから、この本。
Diamond Online
6Picks

「出世のために残業して頑張る」そういう人ほど出世から遠ざかるワケ - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
4Picks

「押しが強いインド人」とのビジネス、日本企業に求められるものは
朝日新聞GLOBE+
4Picks

「人一倍頑張っているのに出世できない人」が気づいていない会社の本質 - 独学大全
Diamond Online
3Picks

ボーナスを弾むと、人間の“問題解決能力”は著しく低下 「がんばっている人」が「夢中になっている人」には勝てない理由
ログミー
3Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン