新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
米中は人権問題やらハイテク分野で対立しているが、バイデン政権は先般、キャンベル・インド太平洋調査官が、「台湾との関係は強めるものの、台湾の独立は支持しない」と明言した。そして、シャーマン国務副長官も「一つの中国」を認めている。つまり、中国が最も警戒する台湾問題では、米国は6月以降、中国にかなり配慮する方針を打ち出している。その上でのシャーマン氏の訪中であり、中国は歓待することだろう。秋の米中首脳会談実現に向けて、一時的に米中関係は改善する可能性は十分ある。