新着Pick
736Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
じわじわ上がっていくアメリカの物価。これによって、金融緩和政策が「出口」に向かい、株価が急落するシナリオはありうるのか。マーケットの専門家にお話を伺いました。おそらくこのまま一本調子では行かないだろうな・・ということを実感させられます。
記事に出ているインフレ・労組と、FRBの対策やゾンビ企業について、考えたい。

70年代のインフレ・労組は、中間層が多い時代だった。また、労組や関係する社会保障は、共産主義との思想主義の戦いのなかで、純粋な資本主義ではなくそこのメリットを受けつつ一定の暮らしを全体に行き渡らせるために充実していった文脈があったはず。
今は下記記事にあるように、先進国の中間層が取り残されている状態(エレファントカーブ)。過去は労組を通じて中間層の要求が満たされていたが、労組も弱体化。そのなかで選挙が重要になるし、分断が深まっている事実から、好調ではない産業従事者や都市での対応がどうなっていくか。こういうものはアラブの春含めていつ爆発するか分からず、でもジワジワ風船は膨らんできていると思う。
https://newspicks.com/news/5598515
https://newspicks.com/news/6010383

今回FRBは信用不安を防ぐために、債券買い入れの仕組みなども作った。それによって、金融危機のような持続的な不況にならなかったとも言える。
一方で、それは記事にもあるゾンビ企業の延命でもある。そしてそれはまさに日本のバブル崩壊とも重なる。
時間をかけて金融機関の不良債権の処理をしていった。そのため、社会不安はバブルの規模に対して起こらなかったが、景気が成長しないことが常態化してデフレとなり、リスクテイクもなくなった。
今、アメリカでマスクなしに出かけていることなどをみると国民性の違いも感じる。日本と同様になるかは分からないが、一方でゾンビ企業延命やそこに最後どう処理していくかは向き合わざるを得ない課題だと思う。
加藤さんのおっしゃるとおり、中央銀行が市場をなるべく驚かせまいと「緩和継続」をアナウンスすると、そのことが市場の緩和継続期待を過度に強め、資産価格の実体経済との乖離を強めてしまう、というのは、過去何十年も繰り返されてきた難しい問題です。加えて、ここ二十年間の当局の危機対応実務の向上が、一方で市場との関係で難しい問題を生んでいるというのも、実感してきた所でもあります。

また、コロナ禍のような状況下では、短期的に雇用維持’(⇒すなわち既存の企業・産業の維持)に政策が傾斜することは止むを得ない面がある訳ですが、これをどうやって速やかに成長促進的な形に切り替えるかも難しい課題です。米国はいわば「DNA的」に、この切り替えが常にかなり迅速であったことが、先進国の中でも成長産業を生みながら比較的高い成長を続けられてきた、一つの背景と感じます。
確かにウッドショックやポークショックは住宅価格や豚肉価格の上昇を通じて日本人にも悪影響を及ぼしていますね。
日本で中古車の値段が高いのも、米国の自動車価格上昇が一部影響していると中古車輸出業者の方がおっしゃっていました。
野村記者と面談させて頂きました。金融界にいると米国発のニュースに圧倒気的な重みがあることがわかります。これこそが覇権国の力です。そして、覇権国の政治・経済が安定すると国際秩序も安定します。これを国際政治論で覇権安定論と呼びます。逆に言うと、米国でインフレが高まると、世界中が不安定になるのです。これが米国のインフレ動向が日本以上に大きなニュースになる原因です。米中対立があってもこの構造は少なくとも10年位は変わらないと思います。日本に住む日本人であっても、広く海外に目を広げると、日本の将来が先読み出来ると思います。
これは一時的なインフレだとは思いますが、マーケットを作り出すというのはアメリカは上手ですね。良いときも悪い時も経済がダイナミックに動いている気がします。
大胆な行動をとりつづける米国と、萎縮した日本。この差は開くばかりです。
拝読させていただき、諸外国の日常を肌で感じたいなと思いました。テーパー・タントラム、回避したい要因の一つであるのと、現在の経済状況を仮に学習の段階として捉えた時に、様々な指標が日々変数の如く推移し、パウエルFRB議長を中心とする意思決定者はそれぞれの指標に対する予測値と、もうある程度の正解、すなわち、教師データが決められているような気がします。

言い換えるとカウントダウンも始まっていると推測出来るのですが、今年一年というスパンで動向や推移を考察すると、一時的なものであればいいのと、投資銘柄の年間の運用益が果たしていかがなものなのかを考える余裕も、個人投資家としてはもっておきたいですね。

個人的には今回のような記事コンテンツが様々な方々に共有され、一個人がより経済に加担するような社会形成も引き続き必要だと痛感しました。貴重なレポートありがとうございます、ごちそうさまでした。
コロナ禍における米国の回復&急成長はたまたまではなく、戦略あってのもものと理解できました。
さすが世界を牽引する国家ですね。
当然ではありますが、政治力の高さと国力の高さはかなり強い相関関係があることを実感しました。
短期的には下落する場面があると思いますが、中長期に投資するならやはり米国だとあらためて思いました。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン