新着Pick
1766Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アスリートの生き様はNPの考えるとおり、ビジネスにも活かせます。最後まで諦めない姿勢、日々鍛錬を続けていく努力がいかに大切か。今回の五輪で、それを痛切に感じています。
人気 Picker
57年ぶりの自国開催で、コロナ禍での東京五輪。どう報じるべきか、編集部で議論しました。その上で、大会期間中は全力でアスリートを応援すべく、今回の特集を決めました。開催の是非や意思決定プロセスについては、パラリンピック終了後にメディアとして検証するべきだと考えています。

様々なメディアが五輪を報じる中で、NewsPicksはビジネスパーソン向けに東京五輪を伝えていきます。「平和の祭典」の歴史は教養として学びがあり、戦う舞台は違えど、トップアスリートの思考はビジネスにもいかせます。彼ら彼女らの「すごさ」のエッセンスを、ビジネスの世界に落とし込む特集にしていきます。
ほんと一旦は五輪のゴタゴタは忘れて、選手の活躍にフォーカスしたいですね。もう政治家やバッハの話は聞きたくないし、とにかく開催したからには、メディアにも選手の活躍をできる限り報道して欲しいです。

あと、選手がインタビューを受けるたびに発する、「感謝」とか「申し訳なさ」という発言をするのは、選手の立場だと気にするし仕方ないのだけど、出来る限りそういう雑念や気持ちにさせずスポーツに集中してもらえるように、メディアを通じて我々が心から活躍を願い応援している事実もしっかり選手に届けるようにしてほしい。

ネガティブな意見は続くだろうけど、もっと多くの応援する声があることを選手に届けて欲しいし、それがメディアに期待される重要な役割だ思う。

無観客になった分、そういう選手に対する報道、情報提供が何よりの声援になると思う。
記事の内容も素晴らしい。

でもそれ以上に賞賛したいのはコメントにある、
「大会期間中は選手を応援し、その後に開催の是非や意思決定プロセスをメディアとして検証する」
というNewsPicksの姿勢。

これで安心してNewsPicksのオリンピック記事を楽しんで読めるようになりました!
そもそもオリンピックとは何か、オリンピズムとは何か、近年のIOCが掲げている国連との取り組みとは、などをみんなで学んでいく催しがほとんど開催出来なかったことは、本当に残念でした。
一方で、一人一人の選手はどういう想いで競技をしているか。
オリンピックは社会的には4年に一度のイベント(夏季冬季含めれば2年に一度)ですが、多くの選手にとっては選考されて結果を残すというプロセスにおいて、そのタイミングは人生で1度だけのものです。

競技を始めてからオリンピックに初参加するための年数は研究において平均10年と言われています。
1つの技にどれだけの思いがあり、どれだけの年月をかけてきたかは、言葉で表せるものではなく、ただただその行動で出るものでしかありません。

まだまだ新型コロナウィルスの感染は続くはずだと予想します。
残念ながらオリパラを開催して気分が高揚しても感染症が減るわけではなく、逆に数も増えていくのだと思います。
いろいろと思い悩むことは多いですが、
選手の皆さんを見習って、自分のできることを一生懸命、日々丁寧に大切に頑張りたいと思います。
育成年代の選手達にぜひ見て欲しい良記事です。
大学のスポーツ系学部の教科書ではこういった歴史的な内容が書かれていますが、自身が打ち込む競技を取り巻く環境と、この辺りの内容を結びつけて深く理解している学生は少数かもしれません。

スポーツやオリンピックの成り立ちを理解するには、実はベースに世界史や哲学の知識が不可欠です。大学のスポーツ系の教科書にはマルクスやフーコーといった哲学・思想家の名前が出てきますし、オリンピックの発展は近代史と密接に関係しています。

と言いつつも理学部卒の私は世界史や哲学の土台がないまま独学でスポーツ概論を学んだため、まだまだ浅い部分はありますが、こういった視点により、スポーツから歴史や哲学に興味を広げることも可能かもしれません。
ISLという会社が昔ありました。1982年に電通とアディダス創業者のアドルフ・ダスラーの息子、ホルスト・ダスラーが作ったスポーツマーケティングの会社です。2000年に破綻した、ワールドカップとオリンピックを扱っていたスポーツマーケティングの会社です。
ホルストはアディダスをてばなしてISLを取った。それくらいたくさんの可能性と莫大なお金が動くビジネスになっていったのがワールドカップとオリンピックなのですが、全てのスポーツがそうなったわけではない。テニスとF1での失敗がISL破綻の要因であったと記憶しています…
あわせて読みたいThe Economist記事。もうちょっと深い考察がされています。

https://www.economist.com/the-economist-explains/2021/07/20/why-did-the-olympics-ditch-their-amateur-athlete-requirement
五輪はアスリートファーストではなく、アメリカファースト・・・
全くもって不本意なスケジューリングですね。

※バレーボールのラリーポイント制の導入により、あっさり終わってしまう試合が多くなり、接戦が少なくなったことをとても残念に思っています。
圧巻ですね、熱意が伝わる記事と情報です。

本日のトピックスに企業の気候変動による、開示を義務付けとありました。オリンピックにかかる費用のうち、建設費がままならないとの事。たしかにこれは環境やエシカルやSDGs/ESG投資という新たな社会課題や目標を今後より慎重に考えないといけない中、再定義ないしは、そのものを考え直さないといけない項目のひとつでは?と思います。

一方で、個人的に日本のスポーツ選手の世界での活躍は年々、進化しているのは否めないです。海外で実績を積み上げて来たコーチによるコーチングが日本のスポーツにも浸透してきた表れと、身体能力とからだが進化しているのかなと思います。

スポーツマンシップに則り、スポーツウイメン、メンの周期的な活躍の場である大舞台、オリンピック、もしかしたら、中身を少し変えていかないといけないのかもしれないですね。

DXという言葉が出来て、すっかりあらゆる面で目にしますが、トランスフォーメーション、これは変体を意味し、特に政治面や資金面においては根本的に変える必要があるのかなと思います、選手の皆さんのモーチベーションを損なう事なく、競技そのものが可視化されていくのと併せて、運営、資金面、あらゆるセグメントでこれから可視化、透明化も義務付けられていき、大衆、ないしは有権者である各国と地域の皆さんに選択権を与えていって欲しいです。
オリンピックの歴史を今回を機に改めて知ることは、東京オリパラのレガシーに繋がることだと思います。
是非パラリンピックの歴史も改めて知って欲しいです。
この連載について
1年の延期を経て、ついに東京五輪が開幕する。開催前には反対の声も多かった57年ぶりの自国開催の夏季五輪は、どんな大会になるのか。スポーツに興味がなくても楽しめる、ビジネスパーソンのための五輪特集をお届けする。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン