新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
持続可能な漁業・養殖業に対する日本の一般認知度は、欧米と比較して低い状況でした。持続可能な漁業に配慮した水産物を示すMSC認証、責任ある養殖により生産された水産物を示すASC認証などが存在しますが、外食産業ではちらほら見かけるようになりましたが、消費者が直接これらの認証海産物を購入できるのは、イオンやCOOPの一部店舗のみでした。
イオンによる「うみとさち」の一般販売を通して、消費者の選択肢を増やし、意識を高めることに繋がると良いですね。

天然魚の過剰漁獲、有害物質の蓄積などへの意識が高まっている一方で、世界の魚の消費量は伸びています。これに対して養殖がひとつのソリューションになり得るように感じる方は多いと思います。
一方で養殖は、方法によっては必ずしもサステナブルとは言えない側面があり、養殖魚生産のために消費される天然魚の品質管理や最適数のマネジメントが重要とされてきました。これらはウミトロンで実施しているような、IoT利用による近代的な課題解決と親和性が高い分野だと思います。
イオン株式会社(英語: AEON Co., Ltd.)は、千葉県千葉市美浜区中瀬(幕張新都心)に本社を置く、日本国内外300余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界11カ国に事業展開しており、売上総収入約8兆円規模の小売業世界第12位、日本第1位の業界首位となる。災害対策基本法における指定公共機関に指定されている。 ウィキペディア
時価総額
2.63 兆円

業績