新着Pick
349Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結構否定的意見多いなあ。儲かってたソシャゲだって、たぶんじっくり練った戦略とかなくてたまたま当たっただけだと思うんだけど。だから同じことやってるだけ笑。成功事業でたらmixiみたいにみんな手の平返しになると思う
月一で新規事業をどんどん展開させているGREEのスピード感には脱帽。メガベンチャーだからできることで、どこか当たればそれはそれで狙い通り、かと。
ゲーム事業の分析はその通りと思うけど、そもそもゲーム事業は当り外れがあるもんでそれがわからないアナリスト無視すれば良いと思う。
ただ、繰り出す新規事業がぱっと見の感触として、学生ベンチャーでもやれそうなこと、仮にうまくいったときにスケールしそうなものに感じられないところはどうかな、とは思う
ゲームの利益率は異常なのでそれに匹敵する事業なんてないわけだけど、なんか大手の強みが活き、少なくとも数十億の利益が(うまくいけば)見込めるものでないとやる意味はないのかなあ、と思う
必勝パターンなんてないと思いますが。。事業ミッションを軸にお客さんのことを必死に考え、あとはひたすらPDCAを高速回転させるしかないと思います。その中からヒット商品になっていくのだと思います。PLが不健全でない範囲で新規事業をどんどんチャレンジできているなら、企業としてはとてもチャレンジングで面白い状況だと思いますけどね。
うーん、So what?記事ですね、個人的に。ソーシャルゲームってブラウザとアプリで全然戦略違うし、ブラウザ延命のためのブラウザゲームを投入し続けつつ、ボラティリティ高いけど爆発性が高いアプリにも投資しつつ、構造的経営のために新規事業を模索し続けるって別に何もネガティブなことないですよ。だって、アプリゲームの戦略って、いいプロデューサー×UI/UX最適化、くらいしか戦略性ないので。ハードを押さえられない、デジストリビューションチャネルも限定って前提ですもん。
ひとつひとつのゲームが当たるかどうかは蓋を開けて見なければわからない。それでも一連のゲーム開発にどういう構えで臨み、どういうふうにリソースを投入するかにはやはり戦略がある。スマートフォン向けゲーム業界でも今後この意味での戦に各社バリエーションが出てくるだろう。
悪いパターンにはまっているなぁ〜 タイトル数を増やしちゃダメ!ジックリ作らないと!開発は人数じゃない。新事業で逃げちゃダメだよ。
ゲームも新事業もリリースする前に見極めボツにする決断が必要。ユーザーに対しても社内的にも、ゆるくなっているなぁ〜 がんばってよ!
個人的には、矢継ぎ早に繰り出される新規事業を見て、結構ワクワクしてるんだけどな。ゲーム一本足打法から組織ケイパビリティごと脱却しようという試みが垣間見えて面白い。
「一球入魂」で狙えば当たるほどビジネスは甘くないし、「十球入魂」くらいで数打てば、何かしら当たるはず。
うし。負けないぞー。
グリーは自社の事業ドメインをどう再定義するか、ここが分岐点ですよね。本業が儲かってるうちに自社の事業の軸を再定義できれば今の試行錯誤はきっと花開くと思うけど、表面上儲かりそうなところをつまみ食いするんだったら投資会社に任せた方が良かったのに、というオチもありえる。色んな意味で注目。
いっそ「儲けよう」から「社会貢献しよう」に目的を変えるとヒット事業がでるものと思われます。本気ですよ
グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,264 億円

業績