新着Pick
496Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ZoomやTeamsなどは立ち上げの手間が面倒です。画像や音声のon/off確認も必要。フラット雑談するというツールではありません。音声だけですぐに参加できるのは便利でしょうね。削ぎ落とすことで利便性が増すものがあります。

5Gが普及した際には、こういう時代もあったねと、バーチャル空間で画像つき会話を楽しめるようになるのでしょうね。ZoomにしろTeamsにしろ、画像や音声のディレイはなんとかならないものなのでしょうか。
人気 Picker
この機能良いですね。そもそもオンラインミーティングで顔を映す必要ってホント無いんですよ。私はいつもオフにしてます。そもそも目も合わないのに何故ビデオを付けるのか?監視したいのかな?付けないと失礼じゃないか、みたいなのは妄想であり生産性の無い話だと思うんですよね、、、打ち合わせでスーツを着ていないと失礼になる、と同じ論理。服装で仕事をしているわけじゃないので、そういう無駄な思考を省かないとせっかく生産性の高いオンラインミーティングが台無しになっちゃいますね。
「Zoom疲れ」は新たな市場になりそう。Zoom会議はとても効率がいいと実感する日々ですが、一方で「非効率」だったはずの雑談が、いかにクリエイティブだったかも実感する日々です。イノベーションに期待!
最近チームで「給湯室、タバコ部屋的なモノ欲しいよね」という話がでた。ユーザベースはSlackとMeetが業務コミュニケーションのコアなので、Slackにこういう機能が付くのが嬉しい。
ビデオ機能がないことは悩ましい。リアルだと「見える」。でもオンラインだと自宅にいたりで「見せたくない」という気持ちを持つ方もいるだろう。でも出社した時のちょっとした雑談は、オンラインのビデオ付きMTGより全然気軽。リアルで時差がなく、顔だけでなく全身見えていたり、無意識の身体情報とかもありそう。
機能を削ることは難しいので、理由もあるだろうし、慣れもある。社風や関係性にもよるから一概にいえないが、個人的にはビデオがついていてほしい気持ちはある。
Zoomもそうですが、Slackもツール自体がビジネス的なものなので軽い会話を交わすイメージはまだないですが、このような新機能によってイメージも変わってくるのでしょうか。ただし、アメリカだと音声サービスが盛り上がっている国ですが、日本ではまだPodcast、Clubhouseなど音声コンテンツの人気もアメリカほどではないので、Slackの新機能がどれほど普及していくのか気になるところです。
個人的な興味はリアルとZoomの間にそこまで市場があるのか、という点。(私はNo派)

Zoom疲れの最大のソリューションはオフィス出勤。
アフターコロナを迎えつつあるアメリカは、全てをリアルに戻さずに最適なバランスを模索する企業が増えてきています。

なので、過去一年と比較して「zoom疲れ」からは既に解消される動きのはず。


また、リモートコミュニケーションにおいて、手段の選択肢が増えることは必ずしも良いことばかりではないです。

毎回zoomかSlackか迷うのは、それはそれでめんどくさい人もいるハズ。

どういう時にzoomで、どういう時にSlack。こういうナレッジが社会的に蓄積されるのには一定の時間がかかります。

それを社会が大規模に取り組むだけのニーズが今あるのか。
少なくともコロナ時のテレカンとは置かれた環境は違いますね。


本サービス、そもそもzoom疲れをおそらく課題トリガーとしていないのでは、と推察します。

どちらかと言うと、記事にもあるDiscordの流れかと。

アメリカでは若者のDiscord人気が凄まじいので、その市場を純粋に取りに来ていると考える方が自然、と個人的に思います。

元々Slackの既存の会議機能はあまり品質よくないので私も殆ど使わないですが、ここを他のグループウェアやコミュニケーションツールに逃さず、Slack内で完結させて利用時間増やす、というのが狙いかと。

そこにこれまであまりうまく行ってない課金を絡めてくるんじゃないかと。
これはいいですね。
Slackは非同期コミュニケーションのツールなので、同期型のツールが併用されている。スケジュールされた会議であればZoomになりますが、突発的なオフィスでの雑談には向かなかったと思います。それに特化したツールもありましたが、ツールが増えすぎると不便なので、コストの観点でもコミュニケーションツールは集約が進む。Teamsが真似するのは時間の問題でしょうけど、逆にこのオフィスメッセージングの2強が「オフィスでの雑談」市場も取っていく可能性が高いと感じました。
確かにzoomはフォーマル感あるし、立ち上げるのに手間的、心理的ハードルあるので、ワンクリックで気軽に軽く話すっていうニーズはありそう
本論とは別ですが、タイトルの「zoom疲れ」という言葉が一般化しているのが考えてみれとすごく、ビデオ会議の純粋想起ポジションをばっちり抑えつつあるってことですよねー
slackは、私の会社でも社員とのコミュニケーションツールとして
日々活用しています。
検索機能も優れているし、色々な使い方ができますね。
元々付いていた音声会話機能との違いは手軽さのみなのでしょうか?
Slackの音声会話機能はほぼ使ったことがありませんが、それ自体も大きな理由がなくなんとなく使われていなかったので、新機能は使われるのか注目ですね。

弊社は過去Discord、いまはoViceというバーチャルオフィスツールで社内音声会話を行なっています。
oViceを導入してから圧倒的にコミュニケーションをやりやすくなったので、どのサービスを選択するかがリモート時代はかなり重要なのだと感じます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン