新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、シェアの詳細は分からないが、一時期、自動運転支援の世界シェア搭載の8割をゆうに超えていた。当然、それに付随する走行関連のビックデータは圧倒的である。

自動運転でもその先見性を発揮するべく、日本で実証実験を開始。
インテル買収以後の同社は、それ以前と比べより広範囲な活動をするようになった。

世界各都市で実証実験を先行し、足固めを着々と進めるか。
日本では自動運転の次期国家プロジェクトの採択が決定!
 https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/2021/s210721001.html
Mobileye(モービルアイ)製品のマスターディストリビューターであるジャパン・トゥエンティワン株式会社の日本語オフィシャルサイトでは

"各国の自動車メーカーに採用・搭載されているモービルアイのカメラセンサーを、あなたの車にも取り付け可能です"

と刺激的なキャッチコピーが記されています。(ただし警告のみで、ブレーキ等の衝突回避機能は動作しない)

フロントガラスに取り付けるカメラセンサーを内蔵したメインユニットと、ダッシュボードに備付けられ、アイコンで現在の状況を知らせるアイウォッチ(警告表示装置)から構成されているとのことで、自動運転システムはカメラとLiDARのハイブリッド構成のようです。
Mobileye SuperVision™for Hands-free ADAS
https://www.mobileye.com/super-vision/
Why We’re Testing Our Autonomous Vehicle in New York
https://www.mobileye.com/blog/new-york-city-autonomous-vehicle-testing/

自動運転システムの前に、事故を起こさない仕組みを簡便に提供することが求められますので、モービルアイ社の取り組みは興味深いです。
https://www.imobile.bz/HOME
カメラを使った認識と制御では、すばらしいパイオニアだったモービルアイ。

今回の自動運転は、どんなセンサーの組み合わせで実現するのでしょうか?

記事には詳細が書かれていませんが、知りたい人は多いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
24.6 兆円

業績