新着Pick
281Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自分の人生は自分で切り開くべきもの。会社に依存するのではなく、自分も会社もお互いにWIN WINであることが、理想であり、楽しい仕事ですね。

これ以上学ぶチャンスが社内になかなかない、もっと新しいことを学びたいと思った瞬間が、転職には最適だと痛感します。中には、業績悪化でポジションがなくなり、転職せざるを得ないケースもありますが、そういう場こそピンチはチャンス。転職をすることで、改めて以前の会社の良さも気付きますし、そこで学んだことを新たな環境で最大活用できます。なりたい自分への成長へ繋がる転職、大切ですね。
人気 Picker
中途採用ではいってこられる方々とお話しをすると、よく転職を決めて動いている時間は、これまでの既存で培った社内での自分の評価や価値ではなく、本当に市場における自分の強みってなんだろうと、考えさせられるタイミングでもあると、伺います。
よく面談中も、それはすごい、強みですねとコメントすると、そうですか?それは言われるまで全く気がつかなかった、会社ではこれは当たり前だったと感じている方も多いです。

今や、職の選択も自由で、自分の長いキャリアは自ら作り上げていくもの、誰しも完璧な人ではないという前提の上で自分の強みって何だろうと改めて考えるきっかけになるのではと思います。
書いていることにはほぼ同意です。

付け足すと、一年後の自分が想像の範疇に収まるなぁ、予測可能性が高すぎるなぁと思ったら転職すべきかと思います。
中途採用は積極的な一方で、辞めていく人を裏切り者扱いするのは健全な思考ではないと思います。

ミスマッチは完全には防げないので、人の入れ替わりはある程度は必要だと思いますが、去る人に無関心になると組織として衰退が始まると思います。いわゆるプロフェッショナルファームは別ですが。
私は転職起業独立してたころから比較すると超安定。いまの場所に働きはじめて9年目です。ビックリ。いまは継続することが自分再設定かと思います。

この9年の間に仕事以外でもひとり親になる変化もありました。これも再設定のひとつ。

転職はしなくても、自分再設定は心がけ(とか不測の事態)次第でいくらでもできるけど、無理くりするなら転職はいい機会になるかと思います。
いつでも転職できる状態を作っておき、社内での評価に固執せず、思い切った働き方をする。それがマッチしないようであれば転職も一つの手段。そう考えるようになってから気持ちが楽になりました
#キャリアコンサルタント
Premiumを無料で体験
登録・ログイン