新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう部分を読むと、空を仰ぎたくなるな。。。


(以下記事抜粋)
「完全買収が必要なのか」「それにしても高すぎる」。20年春、米ソフトウエア大手ブルーヨンダーの完全買収を検討していた。「G戦」と呼ばれるグループ戦略会議では、異論が相次いだ。

G戦を構成するのは、執行役員など社内カンパニーの幹部らだ。新しい領域などへの知見は乏しい。

ソフトウエアの大型買収案件など詳しくない分野は「自信を持ってイエスとも、ノーともいえない」(パナソニック幹部)。突っ込んだ指摘ではなく買収額の話に終始し、議論が停滞していた。

合意形成は難しく、出資を2度に分ける手順を踏んだ。

ちゅうちょした1年でブルーヨンダーの企業価値は5割超上昇した。樋口泰行専務執行役員は「必要なプロセスだった」と説明するが、節約できたはずの30億ドルは大きい。「遅く・浅い」議論が招いた手数料だ。楠見社長も「判断が後手に回った」と認める。
そこなのかなぁ〜?
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.51 兆円

業績