新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「五輪はバラバラになっていた可能性がある。だからこそ、我々の胸の内に疑念をとどめなければならなかった」というところに、IOCとしては何よりも五輪を守ることに腐心していたという気持ちがにじんでいます。五輪のための五輪です。現実は、楽観シナリオをもとに開催へ突き進んだ結果、ワクチン接種も道半ばで感染者が急増するさなかで開会を迎えるという悪いシナリオに突入しています。

選手やその関係者にはまったく責任はありません。むしろこのような状況下で最高のコンディションが保てるのか、心配です。五輪開催に伴う制約で、医療などが影響を受けないのか。社会全体としての感染対策がおざなりにならないのか。五輪だけでなく、学校の部活動も含むあらゆるイベントが同様の不安にさらされています。五輪は五輪。政府と自治体は「五輪最優先」ではなく、命と国民生活を最優先に、大会をコントロールしていただきたいと思います。
全く疑念を持たない関係者はいないかと。故に感染対策に躍起になり、開催を目指してきたわけですし。タイトルは食わせるものですが、ニュアンスは大分違うと思います。
ここまで来たら、無事に終わって欲しい。灼熱の東京で、関係者の方々はお疲れ様です。
五輪というもの自体は悪くないが、あまりに利権、権力が強すぎる。一方でそこまでの大きさにしたのは昨今のIOCな訳で。お金が集まらないイベントには皆集まらないし、とても難しい問題。IOCはとてもイマイチだとは思うが、必要悪的な部分もあるのでアスリートファーストをただ叫んでも何も解決しない。