新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
拙著『組織が変わる』の抜粋記事、今回は2on2の実施の方法についてです。
この記事の中でも取り上げてある図表2を実際にやってみると、意外に簡単に出来ます。
また、終わったあとに問題名前をつけて、それについて絵を書きながら問題の生態(発生メカニズム)を皆で考えるという時間(当事者研究)を持つのですが、それと併せて実施するとさらに効果的です。
あまり難しく考えずに、まずはやってみると、「あれ?面白いなこれ」という感覚を実感していただけるのではないかと思います。
この記事だけですと、細かいポイントが出てこないので、詳しい説明は、『組織が変わる』を読んでいただければと思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン