新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
リモートワークが主になってから、ランニングは欠かせない日課になっています。体を動かさないと足がむくむからです。そして自然との対話。パソコンの画面ばかりをみていると、精神的なストレスが溜まってきます。

ランニングで重要なのがシューズ。足を守り、フットワークを軽くしてくれるものを選んでいます。海外仕様のものは、日本人の足にフィットしないものもあります。日本人の足を知り尽くしているアシックスには、頑張って欲しい。他社の一歩先をいくものづくりを期待します。
人気 Picker
キャッチアップのスピードは素晴らしかったと思います。ただ、そもそもなぜスタートダッシュで負けたのか?ナイキは(大昔ですが)アシックスの技術から始まったにもかかわらず。そこを抑えておかないとまた同じことが起こってしまうのでは。

今後がシューズにこだわらず総力戦になるのは間違いないと思いますが、巨人ナイキと同じことをやってもだめだとすると、どのような「シューズを超えたブランド」を作り上げていくか、楽しみです。
日本では創業者のフィル・ナイトに対する「信仰心」もあって、NIKEの厚底シューズが市民ランナーの間で圧倒的な人気があります。

私もはじめてヴェイパーを履いたときは「ヤバいな、これは。こんなの反則でしょ!」と感激し、それ以来2シーズン履いていました。

ただ、ヨーロッパへ行くとNIKEの厚底シューズに対する熱狂はそれほどありません。

私がヨーロッパのレースに出たときの”目分量”ですが、当地で人気があるのはスイスでは地元メーカーのON、フランスでは2017年くらいまでは圧倒的にアシックス、次がミズノでした。アシックスはどこの国でも人気がありました。

ところが、2018年あたりから突如、ヨーロッパでの勢力図に変化が起きていました。あれほど多くの市民ランナー、トライアスリートが好んで履いていたアシックスがグッと減って、代わりに登場してきたのがフランス生まれのホカオネオネ。

実は、私がはじめて目にした厚底シューズはNIKEではなくホカオネオネ。トレイルランニングにフィットするシューズをつくるという創業者夫婦の理念が反映されています。

ちなみに、一時はNIKEに浮気していた私ですが、衝撃的な履き心地とは裏腹に記録はまったく伸びませんでした。なにせフルマラソン2時間のキプチョゲさん仕様になっているのでド素人の私には合わなかったのでしょう。

昨シーズンからアシックスのトライアスロンシリーズのNOOSAを履いていますが、今年5月の横浜国際トライアスロンでは自己ベストが出ました。

そうそう。アシックス、最近はNIKEに押されまくっていた勢力図を押し返すべく頑張っているんですよ。ヨーロッパでもまたアシックスに席巻してほしいと期待しています♪
スポーツブランドは、コロナの需要増と、読めない五輪の売り上げという変数を抱えて、世論の動きも見ながら難しい舵取りをされてきた業界です。
中でもゴールドスポンサーのアシックスにとっては、勝負をかけた年なのではないでしょうか。注目が集まる技術開発から、中長期の戦略までをお聞きしました。
バッシュはアシックス(というかオニツカタイガー)でした。部活の中高生にお金がある訳がないので、とにかく丈夫なのはありがたかったですね。ナイキの影響は別に個別の会社に限られる訳ではなく、当時あったコンバースとかプロケッズとかポニーとかスポットビルトとか、全部見なくなっちゃいました。
頑張れアシックス!
顧客にとって選択肢が増えるのは良い事。

メーカーにとっては、「既成概念にとらわれるなということ」を学んだと廣田社長が仰る通り、新たな価値観や挑戦する文化が生まれた様子。

これを形にするには組織構造や風土の改善が不可欠。新たな概念は成功事例やそれを成し遂げた人の否定と捉える事が多い日本企業。新プロジェクトを社長直轄でやる事は強烈な打開策の一つ。

ただ、それに頼ってばかりだと、ミドルやボトムから自発的な改善案が日々議論される文化は醸成されません。組織は難しいですが、これを機にアシックスが日本を代表する革新的で自発的なワクワクする組織になって欲しいです。
厚底スニーカーに関するコメントは他の有識者にお任せして、サステナブル観点でコメントです。
1997年、米NIKE社がインドネシアやベトナム等の工場で、低賃金労働、劣悪な環境での長時間労働、児童労働等を強いていたことを『CBS』『The New York Times』等が報道し、製品の不買運動が世界的に広まりました。NIKE社がこの問題によって失った売上高は、5年間で1.4兆円以上にものぼりました。

消費者が環境意識を高めている最中で、目的を定めたとしてもサステナブルの過程を歩む中で、きちんとしたモニタリング組織を設けてトラッキングして欲しいです。
アシックスはシリアスランナーのランニングシューズというイメージは変わりません。

私自身、元Nikeなのですが、ランニングの際はHOKA履いてます。友人がHOKA勤務なので。スポーツ業界ですが、横の移動激しいので、競合に移っている人もおおいです。HOKAの友人も別のブランドにいました。

運動会の時などは、子どもたちがどこのシューズ履いているか気になってしまいます(私自身はフットウエアの部署にはおらず、バッグやボールなどのエクイップメントの部署でしたが)。意外とアンダーアーマー強いなという印象です。

しかし、私もラグビーの練習の際はMizunoで、Nikeは普段はくスニーカーくらいになってしまいました。。。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社アシックス(英語: ASICS Corporation)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く、大手総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
4,982 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン