新着Pick
462Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
史上最高齢(82歳)と最年少(18歳)の宇宙飛行士が同時に誕生しました!

そしておそらく、史上初の兄弟一緒の宇宙飛行です!

NASAには双子の宇宙飛行士がいましたが、一緒には宇宙にいっていません、そのひとり、Scott Kellyさんがユーモアのあるツイートしてました:
https://twitter.com/StationCDRKelly/status/1417534900748627973
「一緒に宇宙へいったハゲの兄弟よ、おめでとう!」
ちなみにKelly兄弟もふたりともツルツルです。(ちなみに日本語だと「ハゲ」という言葉に侮蔑的なニュアンスがありますが、英語のbaldはそうではもないと思います)

【追記】ところで日本、とりわけNP界隈ではベゾスはみんな大好きなヒーローですが、アメリカでは左派からは格差社会の権化、右派からは左派メディアのパトロンとして嫌われ者になっちゃってます。今日、彼が帰還後の記者会見でこんなことを無邪気に言っちゃってまたまた炎上中

“I also want to thank every Amazon employee and every Amazon customer because you guys paid for all of this.”

もちろんベゾスに悪意はなく、素直に感謝を述べたまででしょうが、、、つまりAmazonの従業員を安い時給でこき使って稼いだお金で宇宙に行ったのね、といつ批判。Virginのときも批判はありましたが、今回の方がより風当たりが強いように感じます。今回の記者会見の最後でベゾスが$100Mの慈善事業への寄付を唐突に発表しましたが、たぶんそういう風当たりを受けてのことなのでしょう。
今月は宇宙が忙しいです!

ベゾス氏が米国時間20日の午前9時すぎ(東海岸時間)宇宙旅行を成功させました。1961年4月12日、ユーリ・ガガーリンが世界で初めて有人宇宙飛行に成功し、「地球は青かった」という有名な言葉を残しましたが、ジェフ・ベゾス氏も同じ感覚を得たのでしょう。

Liveで見ていた時に、「I see blue!」というのがとても象徴的でした。

また、今回の会見では個人的に82歳の女性宇宙飛行士が、元気すぎて、とてもパワーをもらっいました。乗り込んだのになかなか出発しなかったので「何が起きてるのよ、さっさと出発しないのかしら」と余裕だったようです。

また、記事にもありますが、ベゾス氏が、アマゾンを作った時の感覚と今日がとても似ているということは非常に面白い。彼の中では、大きなものが起きるその一歩、アマゾンのDay1の時と同じものを感じているのだと話しています。

Day1の先、宇宙飛行が当たり前になる先には、超大型のロケットを飛ばして、人を月に、更なる場所に送るというようなビジョンもあります。

今後、私たちの世界、未来にどう今日の一歩が意味を持つのか、そう考えるとワクワクしてしまいます。
先日のリチャードブランソンに続き、ジェフ・ベゾスも成功!それぞれ違う構造の機体で、違うフライトプロファイルだけど、それぞれの目標を達成したことは本当にすごい。宇宙旅行の商業化時代の幕開け!
ベゾス氏の「Happy Happy Happy!」「Best day ever」「I see blue!」という言葉が全てだと思う。
Amazon創業者として、ものすごく濃い人生を送られているだろうに、でもその人生の中でも一番良い日で、それを表す言葉がとても純粋なモノ。
未来の経済性は分からない。だけど宇宙には人をワクワクさせるなにかがある。そして昔は国家単位での開発だったのが、民間でできるような金額になり、かつIT企業創業者の莫大な資金があれば個人の強烈な夢で推し進められるようになった。夢と実際のチャレンジがあるほうが、進化は圧倒的に早くなる。
最高齢の女性と最年少の青年、見た目もそっくりな実兄弟、いろんな演出も含めて素直に素晴らしい。なかでもカウボーイハットはニクい。この期に及んでまだフロンティア開拓と、かつこれでもTiny little stepだと。かなわない。
「宇宙を理解するための基礎リサーチ」という項目で、アメリカの国民の約半数が最優先事項に挙げており、彼ら彼女らを含む9割弱が重要だと考えているのが興味深い。国として基礎科学研究に対する潜在的な強さを示唆している。日本で同様のアンケートを取ったらどうなるだろうか。はやぶさの活躍もあって小惑星探査の最優先度は増すのかな。
宇宙の存在がどんどん身近になっていきますね。リモートで人々は移動しなくなるという人もいますが、やはり情報でなく「リアルな体験」に対する人間の好奇心と欲求は尽きることはなさそうですね。
カプセルを分離後,ロケットとカプセルはどうやって引き離すのだろう.
カプセルの再突入のエネルギーは小さいので熱防護はほとんど考えなくて良い.接地時の衝撃のほうが問題か.
アボートの判断はどこでやっているのだろう.乗員にも権限があるのだろうか.
パラシュートは開傘しなかった場合に備えて予備があるのだろうか.あると思うが.
7/20は21世紀に始まった地球人の新たな宇宙開拓史のDay1として長く語り継がれるでしょう。


先週行われたVirginのフライトも素晴らしいのですが、今後の宇宙開発における拡張性という位置づけとしては少し異なり、月面着陸や太陽系探索などからは一定の距離を置いた施策と見られます。

何よりも両者が火花を散らす「どこからが宇宙か」問題。

 Virginが到達した無重力空間は上空約85km。
 対するBlue Originは約106km。

実は明確な定義はありません。それが故に両者の火花激突ですw

例えば、アメリカのAir ForceやNASAは「自らの管轄」を上空約80kmまでとしています。これを是とすれば、Virginは宇宙に行ったことになります。

一方で、国際航空連盟(FAI)が定めたKarman Line(カーマンライン)というものがあり、それは100km。これに従うと、VirginはNoでBlue OriginはYes。

そんな喧嘩も発生しています。


しかし、今回のBlue Originで非常に印象的だったのが打上30分前くらいから様々な映像を流していたのですが、その中の1つ。

何名かの宇宙飛行士たちが以前の宇宙体験を語る中で、宇宙から地球を眺めた際に覚えた「地球という奇跡の存在」への畏怖だと。
そして、この惑星をどうしても守りたくなったと述べていました。

宇宙開拓の究極のゴールは「地球の保護」です。
資源を外部から獲得することも持続可能な環境作りとして重要ですが、外から見ることで地球の価値を知る人が増えれば、より地球に優しい行動を一人ひとりが取ることが期待されます。

これこそが環境問題に感度の高いSpaceXのイーロンマスクが狙っている世界とも思われ、この意味でぜひより多くの人が宇宙から地球を眺めることで、この唯一無二の存在を守る意識を高めてほしいと感じました。
ブルー・オリジンの創業は2000年。ベゾス氏は20年以上も宇宙事業に関わっていたのですね。民間人だけの宇宙飛行というのもすごい。操縦士がいらないのだから。

長年の研究・実験の成果が20年後に現れる。宇宙事業というのはそういうビジネス。一朝一夕にできるものではない、ということがよくわかります。

宇宙事業の目的は、地球を守るため。その第一歩が7月20日になりました。ブルー・オリジンで培ったテクノロジーなどは、Amazonと共有するのでしょうね。Amazonはますます進化しそうです。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン