新着Pick
609Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
謝罪するなら辞任する、辞任しないなら謝罪しない。当初からそのどちらかしかありませんでした。リスクマネジメントの象徴的な事例だったと思います。

「いじめ」と呼ぶには内容が悪質すぎます。また、一連の告白記事は、これまでに何度も掘り返され、小さな炎上を繰り返していて、本人にとっても引っかかっていたはずです。それにもかかわらず楽曲担当を引き受けたことは不適切でした。

他方で、公的な事案にかかわることのリスクも思い知らされます。この五輪では、競技場やエンブレムからはじまって、これまで何人が「断罪」されてきたでしょうか。ザハ・ハディッドとはいったいどんな建築家だったのか。多く日本人はいまでも知らないままでしょう。その事実にどうしても暗い気持ちになります。
芸能界に疎い私でさえも何度も目にしたことのある悪名高い話。本人の名前で検索するだけで容易に関連記事が見つかるはずなのに、なぜ任命されたのかが不思議でならない。

本人が真摯に反省し、生涯をかけて償っていくことももちろんだけど、昔読んだ件の記事全文の印象では、彼1人が凶悪というよりは、通っていた私立校の生徒たちが共有する空気として、障害者はいくらでも虐めて構わないといった認識があったように見えた。(だから本人も悪びれもせず笑い話としてメディアに語っちゃったんだろうなぁと)
当時それで気になってその学校のことを調べたら、ダイバーシティ教育を名目に障害児を積極的に受け入れる方針で、常時一定数の障害児がいたという記述もあり、完全に教育思想が裏目に出てるなと思ったのを覚えている。

ダイバーシティ教育とは、単に多様性を掻き集めるだけじゃなくて、インクルージョンとセットで伝えないと、百害あって一利無しですね。

※何年も前から相当騒がれて現在は改善してると信じたいので、その学校の名前を書くのは差し控えます
組織委員会の判断かと思ったら小山田氏からの辞任。モヤモヤがひとつ解消されたのは良かったけど、いっぱい複雑な感情を抱えて迎える自国のオリンピック、素直に悲しいなあ。
当たり前の結果です。

小山田圭吾氏がこれからするべきは、いじめをしてしまった方への謝罪と
こういったことが起きないようにするためのアクションだと思う。
いじめというものが、誰も幸せにしないということを身をもって示すこと。

そして、組織委員会ももっと反省するべき。
最後の最後までドタバタで何も学んでいなかったこと。

「平和の祭典」とは何か? 
昨日レセプションに参加した
総理、都知事、IOC、JOC、組織委員会、全てのオリンピック関係者に問いたい。

追記:政府サイドが辞任を主導したと、ほおおお。
なんだか自民党の「支持率やばい」問題で色々損切り問題勃発ですかねえ。
色々カオスすぎて逆転現象が起きている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3101dbdbe76ee72f314b634965908214afe34ef3
当然でしょう。たとえ四半世紀前に、さらにその昔のことを述べたにせよ、あんなひどいことを、それも障碍のある同級生にするなんて、、、若気のいたりとか時代がとかいう問題ではないです。しない人はいつの時代の何歳の時もしません。ましてや大人になってから自慢なんて。そして、普通の人、共感という人間性を持っている大多数の人はしません。

幼児の虐待といじめ(今回のように全裸にして縛って大便を食べさせる、さらにもっとひどいこともした!)は、すみません、感情的になるのを許してください。絶対に絶対に許せない。ハムラビ法典のように全く同じ目にあわせる刑が欲しいと思っていたので、正直、開会式は吐き気がしそうで見る気がしませんでした。でも、あと数日で、新たに書いて演奏して。。。それ、誰ができるんだろうか、と諦めていましたが、ああ、本人から。主催者側からではなかったんですね。つまり、許すと。子供たちを招待する開会式の音楽を。誰に交代しても、もう観ないかも。

そして、彼の罪はこの程度のことで、償われるものではないことを彼とその周囲の人は自覚しているのだろうか。。
いじめられた側はいつ小山田氏のような加害者側から「こいつ昔xxxしてよギャハハ」とまた加害されるか分からない立場ですよね。弁護士でも入れて和解合意でもすれば別ですが。それを考えれば加害側が以後もある程度の公的な仕事の場から追放されても見合わないほどのダメージを負っているわけですし妥当な対応だと思います。発覚も判断もどちらも遅すぎたとは思いますが。今後も加害しようとする側が「あの時のあの件が蒸し返されるかも」なんて思って思いとどまってくれるという効果はあるのかなと思います。
私がちょっと気になったのは下記の記事で、「小山田圭吾の過去については、ネット界隈では前からよく知られていた」という点です。これが本当なら、彼に依頼した人たちは「事前の予習不足」、経営的にいえば「デューデリ不足」、あるいは「知っていたが大丈夫だろうと甘く判断して突っ走った」ということになります。その時点でも、彼の名前をちょっとググればわかったはずということのようです。

最近、そういう「予習不足=業界の人は皆知ってるのにそれを聞かずに突っ走った」の事例を身近でいくつも見聞きしたので気になりました。それを防ぐ方法はいくらでも用意されています。「呪われている」とか、運のせいにしないで欲しいものです。

参考記事→https://miyearnzzlabo.com/archives/75366
もはやジョーク…(苦笑) 関わった人が全て不幸になる、呪われたオリンピック…

3-4ヶ月延期にすれば、ワクチン接種も進み、有観客でコロナに打ち勝った象徴になることも可能だったのに。しかも猛暑も避けられた。選挙日程を優先した罪は大きい…
最初に見出しだけ見た時は「まあ昔の話だからなあ」と一瞬思ったが、内容見てたらそのレベルじゃ全くなかった。いじめというか暴力。当時でも完全な犯罪。あれを掲載したRockin onの編集者の無神経さも信じられない。辞退は当然。

もし時効じゃなければ今からでも刑事裁判起こして牢屋に入れるべきと思います。体操のSimone Bilesのチームドクターも過去のsex abuseで懲役170年が何かになっています。

僕は何でもかんでも過去のことを遡って裁くべきとは思っていません。でもすべては過去のことだと許されるとも思いません。基準は何か。まず第一に、過去の時点で法的・社会的に許されることだったか。第二に、程度の問題。本件は両方とも完全アウトでしょう。

森さんもそうだったし、今回の五輪は日本の膿がドロドロ出てくるな。もうこの機会に出し切ってしまってほしい。もう日本でオリンピックをすることは、残念ながらなかろうから。
だから最初から言ってたじゃん。謝罪して辞めないなんて最悪の悪手だって。結局こうなるんだから。それが良いとか悪いとかではなく、世論の感情というものを見誤ってはいけないという話ですよ。

以下は16日に書いた「謝罪文」出した時のコメント
悪手だな。本来なら、これを仕切る上の人間が組織論として彼の退任を発表した方がよかった。謝罪するんなら(相当今更だけど)、五輪とは関係ない立場になった時点で謝罪をした方が、五輪にも彼にもダメージ少ない。これじゃ、彼を責めるのと五輪委員会を責めるのとが同質化してしまうよ。それと、彼を叩こうとしている人間に「こいつは謝罪してまでも五輪の仕事辞めたくないんだな」と足元見られるよ。すべてにおいて悪手。
この件、国内でもまだ炎上するし、海外の界隈に騒がれたらまた別のひと騒動あるんじゃない?