新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こう言っては失礼ですが、このタイミングで文大統領の訪日を受け入れ、韓国側の政権維持のためのパフォーマンスに付き合わされて、日本にとって不利な共同声明を出すような結果となっていたら、菅政権にとって致命傷となるのではないかと思っていました。
無事破滅フラグを回避したようで、まずは何よりです。
人気 Picker
文在寅大統領の訪日断念は残念ですね。。文大統領の任期内には日韓関係の改善は難しいのか、、次の政権交代を注目したいと思います。
菅政権は今、過去最低水準の支持率だ。交渉事となれば何らか譲らなければならないテーマもあろうが、韓国を相手にそうした外交交渉を出来るほど政治的な余裕はないだろう。解散総選挙後、菅政権が続いていればまた事情も異なるだろうが、その頃には文政権も任期の終盤を迎えており、本格的な関係改善の契機は韓国側の新政権発足後に持ち越しとなりそうだ。
政治レベルで日韓関係がなぜこうなってしまったのかについては、感情論を廃して理解するためには、木村幹先生の「日韓歴史認識問題とは何か 」の一読をお勧めします。日韓双方の内政(とメディア報道)が大きく関係しています。最後の砦だった日韓双方の知日、知韓の政治家が一線を立ち退いたことも影響があります(韓国側なら例えばキム・ジョンピル/金鐘泌)。加えて、「北朝鮮報道」(川上和久)という本も読むと、北朝鮮による宣伝工作も日韓関係、とりわけ、その宣伝工作をそのまま鵜呑みにして、北朝鮮を過度に美化をしていた日本の政治家の行動も影響していることがわかります。
韓国大統領が訪日して、東京五輪の開会式に出席し韓国選手団の行進を見て、さらりと日韓首脳会談をすませて帰国するという展開を期待したけれど、残念。
歴史的にオリンピックの開会式や閉会式で来賓として来た国家元首との会談は、オリンピックでの昂揚感や平和を尊重する雰囲気を背景に、色々な意味で仕切り直しや歩み寄りの場になっていたと思います。

けれども、今回は、まずこのオリンピックマジックがなく、むしろ政府関係者はキリキリしています。
その中で、基本的にKYな文大統領では、色々な意味で、上手な演出は出来ないでしょう。
ですから、今回は来日しないのが正解です。

個人的には、朝鮮半島の緊張緩和は、韓国を嫌悪していても、日本には常に最重要外交課題だと理解しているので、良い意味で韓国とは大人な関係を構築しないといけないとは思っています。

民間レベルでの交流は、放っておいても健在です。
必要なのは、外交レベルの大人な関係。無理して親しくする必要は政治的にはないと理解します。

文大統領がKYで大人気ないのは明白ですが、菅首相も外交上手ではありません。だから、ここはスルーが最適解かと。
文在寅大統領の下衆な狙いが見え見えすぎて、日本としてはない袖は触れないとしてたら、それならやめるけどれは日本のせいだからね、というのが韓国側の言い分。まぁ放っておけばいいこと。
ゴールを動かした側が、
妥協を求めるのはおかしい。
ゴールをもとに戻すことを韓国が宣言することが
関係改善の前提。
日本は妥協する必要はない。
それでいいと思う。交渉決裂したのに来る方がおかしい。
一人相撲お疲れ様です。日本を批判するか、日本から何か引き出すかしか考えない韓国の政治家。残念です。