新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これこそ価値観の違いですよね。
大半が靴・ズボンに隠れる靴下に求める要素次第で、生活者のニーズが3足1000円がボリュームゾーンになったということで、それ以上の価値を見いだせる靴下を要求する人もいます。

ちなみに私は100円ショップの靴下でも満足です(笑)
手編みと比べていいのかわからないのですが、手編みの靴下ってめちゃくちゃ手間がかかるんです。なので3足1000円はどこでコストカットされているんだろうと不思議なのですが、やっぱりどこかにいびつな部分があるのかなと思いました。
私の繊研新聞を参照されて、ご自身の商品に当てはめられているようですが、高い靴下があってもよい。わたしは、一足2000円の靴下をはきますよ。一般化された話と、個別企業様の差別化戦略とは全く違います。
Tabio の靴下はスポーツ用は良いけど、ただの綿の靴下で1000円は高いのでは。その価格帯だったらメリノウールの靴下を買う。手作りが売りみたいだけど、素材がいいわけではない。
タビオ株式会社(Tabio Corporation)は、大阪府大阪市浪速区に本社を置く、靴下の企画・製造・販売を主業とする企業。 ウィキペディア
時価総額
70.4 億円

業績