新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
わかったって。。。

「また3Dプリントで橋を作ることに関しては、構造の強度が3Dプリント出力する方向に依存することがわかったとし、」

あ、structural health monitoring のためのセンサを最適位置に埋め込むのは、プリントの方がやりやすいでしょうねぇ ただ、この手のハナシで大事な (埋め込み場所にも影響する) 、センサの電力供給とデータ出力方法が書いてありませんが
人気 Picker
まだまだ施工可能なサイズや、施工上不可避な層状構造と全体のマクロな構造との整合性、組み合わせや素材のハイブリッドを苦手とする特性など、特に大規模構造への応用には課題の方が多い段階とはいえ、こうして知見を公に重ねていく姿勢は素晴らしい。オランダやスイスなどは、こうしたまだ本当の社会実装性が不明瞭な領域にちゃんと国が投資をして、周辺の技術者やメーカーを社会がサポートする体制が充実しているのも日本が学ぶべき点。

現時点で大規模3Dプリントは、コンクリートやアルミなど単一素材に限られ、仮設住宅や緊急で現場施工が難しい構造物などの特殊条件以外での実装合理性を獲得するには至っていないけれど、小規模の樹脂系では一部実現しているインクジェット式のように、複合素材を同時に出力できるようになれば、かなり現実的な可能性は広がるはず。

現時点では小規模かつ超高精度な金属プリンタによる、パラメトリックなパーツ製作の組み合わせにより、構造や形態の変数を3Dプリントパーツに集約することによる、既成材を活かしカスタム化が容易なハイブリッド工法などの方が実用化に近いはず。いずれにしても、こうした知見は実践を重ねることでしか蓄積できないという点が重要で、日本でもこういう実験的プロジェクトの機会がもっともっと生まれて欲しいと思う。

ちなみに、色々なセンサーが組み込まれていて云々というのは3Dプリントとはほぼ独立の要素で、そうした環境や建造物のほうに自律性を与えるシステムデザインというのも、また非常に有望な領域。ここへももっと戦略的な投資を。
前に別の素材(セメントだったかな?)の3Dプリント橋をかけたというオランダの記事を読みましたが、オランダなかなかやりますね。橋などインフラの痛みをIIoTで察知という話だけは多いのですが、なかなか実用化されず残念に思っているので、これで技術が先に進んで欲しいものです。
3年前にプロジェクトチームを取材しました。この橋は上から見た姿が本当に美しいので是非見て頂きたいです↓
https://mainichi.jp/articles/20180715/mog/00m/030/006000c
オランダ黄金時代に整備された世界遺産の運河に新たに架かる先端技術が集積された橋は、イノベーティブなアムスの街イメージに良く合っていると感じます。
合理的な新しいことへの意思決定が早いのはオランダらしい。データを活用してメンテナンスの効率化は今後のまちづくりのケースになりそうですね。アムステルダムの橋は趣がありましたが、建物も老朽化が進んでいるので外観を壊さずにアップデートされるといいですね。
宇宙船の部品ですら3Dプリンターで作れるご時世ですから、この程度のことは想定内でしょう。

いずれ、世界中の工場が3Dプリンターがずらりの並ぶ場所になると言われていましたが、そういう時代も案外速くやってくるかもしれませんね。
世界最大の金属3Dワークでもある。ただコストはめちゃくちゃ高そう…
面白い取り組みです。既存の橋の補修や強化への応用が期待されます。
"構造の各所にセンサーが備え付けてあり、橋を渡る人の数やその歩く速度から、振動、歪みなど構造に関する計測データ、さらに温度や大気などの環境要因を測定し、橋のライフサイクルを通して、その構造がどう変化していくかを記録観察可能になっています。"
この橋、確か2年程前に六本木での展覧会で見た(実際に渡って見た)ように覚えています。

コストやら工法の課題はもちろんあるのでしょうが、ただただテクノロジーの進化に驚きました。

「鉄の加工は、鍛造や鋳造などあるけど、5年後、10年後、業界的にどうなるのか・・・」

今回、金属での3Dプリンターでしたが、更に技術進化すれば、樹脂による人工関節や内臓、また、家庭でも使う雑貨などは自宅で、自分でも作れるようになるのでは。

いずれ、「未だに建築で橋を作っている!」なんて逆にニュースになる日も来そうです。
使い道を正しく考えれば、実用的な技術になりそうですね。

(以下、記事中から引用)
また3Dプリントで橋を作ることに関しては、構造の強度が3Dプリント出力する方向に依存することがわかったとし、さらに基本的な強度が圧延鋼と変わらず、方向によってはそれを上回るものだったという意外効果もあったとしました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません