新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ざっと見ましたが、人民元国際化についても言及していますね。

将来的には、クロスボーダー決済の改善に関して、中銀デジタル通貨の適用性の研究を、人民銀行がG20などでの議論を呼びかけていくようです。また、クロスボーダー決済のテスト事業についても言及していました。

世界的にも注目されているデジタル人民元がどのように発展していくのかを考えるためにも、もう少し詳しく読んでみる必要がありそうです。
香港とタイはクロスボーダーのCBDCの検討を共同で進めています。中国は一帯一路推進のため、デジタル人民元のクロスボーダー利用は当初から視野に入れていたはず。あまり大っぴらにクロスボーダーを掲げると、他国が構えるため、今回のような柔らかな?表現になっています。

曰く「相手国の通貨主権を尊重し、関係国の法律を順守する形で行われる」と。

デジタル人民元の発行時期は定めないとしていますが、これも他国を刺激しないため。運用方法や法整備なども含め、ほぼ完成に近づいているのではないでしょうか。
とりわけ類似の開発に取り組んでおられる方々は、この報告書を興味深く読まれたことと思います。

 内容としては、議論の整理や、既に判明していることの再掲が多かったと感じます(例:デジタル人民元には付利しない方針、現状の「中央銀行ー民間銀行」の二層構造を活かし間接型で発行すること)。

 興味深かったのは、2020年冬季オリンピックでの実験を計画している内容(決済機能付きのオリンピック・ユニフォームや手袋など)がいくつか紹介されていたことです。各国から、これを見るために北京に行こうとする人々も出てくるでしょうし、海外に報道されることも狙っているのでしょう。中国も、オリンピックを自らのハイテクの展示場としても活用しようと、いろいろ考えているなあと思います。
う~ん、中国が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の基準を決めるという流れができてしまうのか…。当面は二国間の運用で実績を積み重ねていくということになるだろうが、この分野は中国が主導する形になるかも。考えてみればQRコードを使った決済も中国発だったし…。
特にニュース性はないような…

数回の実験を見る限り、デジタル人民元のコンセプトは「コントロール可能な匿名性」。決済データがアリペイなど民間のブラックボックスにならず、人民銀からのみ、把握可能になることを目指していると思われます。特に直近の実験ではカード式ハードウォレットを配布することで、非スマホ層の決済データ取り込みまでも徹底している。

よく言われる「国際化(基軸通貨化)」については無いと思います。
・準公式(中銀副総裁のCBDC論文内にて)に否定されている
・そもそも人民元は資本規制下にあり、基軸通貨になり得ない
ただし、例外として越境EC対応のクロスボーダーCBDC決済は実験されている
Premiumを無料で体験
登録・ログイン