新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
マーケティングの一環ですよね。どんなことするんだろう。
人気 Picker
リアル店舗を出したということはデジタルでは取り切れない層の獲得(高齢者など)を狙ってのことなのかなと思いました。また、リアルでブランディングや顧客接点の獲得も兼ねてテスト的にスタートするということでしょうかね。
ネトフリが最近発表した「ゲームへの進出」戦略の一環だったら楽しいですね。東京で、店内で大画面やVRで、ネトフリ配信ゲームを楽しめる、という「体験」であれば、日本だけでなく今後日本を訪れる外国人ユーザーにも受けそう。(なんと言っても、東京は世界のゲーマーのメッカです。)また、その様子を世界に配信する番組を作るとか、いろいろ考えられます。どうですか?

日本であるのか知らないですが、アメリカでは昔から「体験ゲーム屋さん」が多くあって、チーム同士でレーザービームを撃ち合うとかいうお遊びができたのですが、それがコロナ前にはVRシューティング・ゲーム屋さんに衣替えしていました。子供の誕生日パーティや職場グループのレクなどに使われていたのですが、ちょっとそのイメージですね。
Netflixの直営店、、、何を売るのかどうもピンとこない。グッズもなぁ、まさかパッケージでもないだろうし。アメリカ本国に比べるとはるかに少ないユーザー数を増やすためのイメージ戦略かなぁ。
体験できるストアをテスト的にだすのでしょうか。ECもやるようなので物販もやるかもしれませんね。新しいメディアの形としての展開があるか注目です!
Netflix発IPを利用していくのでしょうか?
何が並ぶのか楽しみです。

ドラマだけでなく、アニメやドキュメントもあるので、
商品や音楽、体験にも広げられそうですね。
へ〜っ、どんな店になるのか興味深いなー!


ネットフリックスが、来年前半にも日本で直営店を出店する。東京都内で場所の選定を進めており、世界1号店になる可能性がある。店内でドラマ制作風景を再現し、関連商品も販売する。
皆さんの関心度の高さが今のNetflixの強さを表わしていると思いました。
Netflixは先日ECサイトを立ち上げたことが海外メディアを中心に話題になっていました。今はコンテンツ連動のアパレルが中心のようです。
NYのFifth AvenueにあるNIKEのフラッグシップショップもそうですが、店舗はモノを販売する場所というよりも、ブランドと顧客の「接点」となっていくのだと思います。
店舗の数よりも、少数精鋭の店舗で展開される体験や、形成されるコミュニティなどが重要になっていくのだと思います。
記事だけ見ると、日本のテレビ局がやってる事にも思えますね。
店内にミニシアターがあって、オリジナル作品の特別上映、4DXやVRなどのハードが必要なコンテンツ(ゲームも含めて)を体験する場としても機能するのかな。
直営店で何を売るのか、想像がつかない。
日本人のグッズ好きに訴えるつもりなのかしら。
米国の雇用は回復傾向にあるとはいえ、戻らない雇用もあると言われているのがリアリティです。そんな中、このネットフリックス社の新しい挑戦は興味深いです。
ポスト・コロナ、ウィズ・コロナ、言い方は色々ありますが、社会が変化したのは確かです。これからをどう柔軟性を持って動くか、弊会も取り組んでいる課題です。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
28.7 兆円

業績